FC2ブログ

カンバンの手帖ブログ版0359

 先日、とある取材で瑞浪市北部に行ったついでに、10年ぶりで細久手に行ってみました。中山道の江戸から48番目の宿場町です。

171118-1.jpg

 もしかしたら中山道の中でもっとも建物が少ない宿場町では?と思ってしまいますが…。道の右に写っているのは瑞浪市コミュニティーバスの仲町バス停ですが、ここまで仲町っぽくない仲町も珍しい。
 そんな細久手を久し振りに歩いてみたら、顔ハメ看板の町と化していて驚いた。

171118-3.jpg

 旅人である。

171118-2.jpg

 儒学者である。

171118-4.jpg

 そして仏サンである。画題がぜんぶシブい。見つけたのは全部で5種類。子供を連れてきていたら一枚残さず顔ハメさせて遊ぶところです。
 古びた感じがするのでけっこう年季が入っているのかと思いきや、細久手長寿クラブという団体が2015年に設置したもののようです。ベニヤに市販の塗料で描いたものを外に置きっぱなしだから…。

171118-5.jpg

 顔ハメだけではなんなのでブリキの古カンバンも。「なにをやってもはかゞしくない方 瑞浪の漢方 服部仁慶堂」。瑞浪駅前に現存の薬局のようです。「はかばかしくない」という日本語がいいですネ!
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

全記事表示リンク