FC2ブログ

安城に架ける橋~前編

 話は安城に戻りまして、10月の集中的安城徘徊の途上で遭遇した、味わい深い橋をいくつか。
 まずは県道299号南中根小垣江線。R23バイパス安城西尾インターのすぐ南(西尾市南中根町)から始まり、和泉、榎前・高棚を経て刈谷市小垣江に至る道です。全区間を通じてあまり幹線道路っぽくなく、そもそもなんでこのルートが県道指定されているのかよくわからないのですが、農村集落を串刺しにしながら碧海台地を横断する実にシブい県道です。

171108-1.jpg

 一つ目は、高棚の西入口に架かる高棚橋。銘板がなくなっており架橋年は不明。

171108-2.jpg

 コンクリート橋の欄干がシブすぎる。設計した人が「あまり派手なことはできないけどちょっとだけデザインしてみるか」とでも考えたかのような…。

171108-3.jpg

 二つ目は、榎前の東入口に架かる長田川橋。こちらの欄干は特に凝ってはいませんが、質実剛健な風情が碧海の農村風景を相まって実に味わい深い。

171108-4.jpg

 親柱には「講和記念」のプレート付き。これは愛知県内の古い橋を観察しているとちょくちょく遭遇するものです。これは、昭和26年にサンフランシスコ講和条約が発効したのを記念して県の土木工事予算が付き、それによって整備・改築された橋に取り付けられたもの。
 私は講和記念プレートを見つけるたびに、このネタを教えてくれた元愛知県土木課職員のアマカメラマンで、数年前に亡くなったサクライさんを思い出すのです。
(まさ)

県道299号ルート→●□
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

全記事表示リンク