FC2ブログ

Nikkei ポスタルアーキテクチュア

 今回の一泊二日の熊野取材では仕事の前後に郵便局をいくつか回ることができたのですが、先の瀞局のみならず和歌山県内はナイスな局舎のオンパレードで感涙ものでありました。
 旧東海郵政局管内では90年代初頭からも局舎の建て替えがものすごい勢いで進み、今や見るべき局舎建築はほとんど残っていない有様ですが(三河で見るべき局舎はもはや段嶺郵便局と作手大和田郵便局ぐらい)、旧近畿郵政局は東海ほど徹底しなかったのでしょうか?それとも奥地すぎて中央の目が行き届かなかった?

171012-5.jpg

 九重局(新宮市熊野川町)。高床の上に切妻と寄棟のハイブリッド木造建築。この局の近くには、廃校になった木造校舎を活用したブックカフェもあります(→●□)。

171013-3.jpg

 請川局(田辺市本宮町)。こちらはダブル切妻の二階建て。子亀オン親亀のよう。

171013-2.jpg

 湯峰局(田辺市本宮町)。横長の建物に傾斜の緩い屋根という取り合わせが、昭和40年代のモダンという感じ。壁にびっしり蔓草が這っているのも味わい深い。

171013-1.jpg

 敷屋簡易郵便局(新宮市熊野川町)。もと特定局。石積みの上に左右非対称な平屋建築。シブい、シブすぎる!
 こんなにいい局舎ばかりに遭遇すると、温泉とか熊野古道とか渓谷とかは二の次で郵便局だけをめぐっていたくなったのでした(仕事はどうした)。
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク