FC2ブログ

岡崎におけるストリート名称の件0005

 7月下旬の「上地八景」に続き(→●□)、岡崎市のシティプロモーションサイト「岡崎ルネサンス」内のコンテンツ「“〇にナる”岡崎まちものがたり」にまた記事を寄稿しました。今度は岡崎駅の東部を占める羽根学区の話題で、柱町の住宅地にある「記念碑公園」のことを取り上げています(→●□)。そこで出しきれなかったネタ。

170913-1.jpg

 ここで書いている記念碑公園は、岡崎市でもっとも初期に実施された区画整理事業「柱町耕地整理」の記念碑が建立されている公園です。シブい住宅地の小山を整備し、記念碑および忠魂碑の立つ“メモリアル広場”と遊具を置いた“チビッコ広場”の2エリアからなっており、羽根学区の住民以外にはほとんど知られていないんじゃないかと思います。私は2006年刊行の「西三河今昔写真集」(樹林舎)の取材でこの公園と事業のことを知ったのですが、11年も温めていたネタをいい形で出すことができてうれしい限り。
 記事では柱町の耕地整理完工記念絵はがき6枚セットを大盤振る舞いで全部掲載していますが、特に注目していただきたいのはタテの2枚。

「造成された宅地。記念碑公園の南西あたりから北を眺めたもの」
「現在の吉村医院付近から東を眺めたものと思われます」


という写真説明が入った絵はがきの白枠の部分に「昭和通り」「銭山通り」と、ストリート名称が記載されているのです。

170913-4.jpg

 昭和通りである。北を望む。

170913-3.jpg

 銭山通りである。東を望む。おそらくこの丘陵地一帯が「銭山」と呼ばれていたのでしょう。
 記事に掲載した2枚目の地図(岡崎市街全図/昭和2年/三陽堂書店発行)地図を見ると、この2本の道は既に造られているのがわかります。耕地整理事業にあたって軸となる道だったため、ストリート名称を付けたものと思われます。残念ながら定着しなかったようですが…。
 地図はこちら→●□

170913-5.jpg

 昭和通りから南を向くと、日清紡針崎工場の跡地に造成された新興住宅地「春咲の丘」が見えます。戦前の新興住宅地と平成の新興住宅地を一望できる貴重スポットといえるでしょう(そうか?)。
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

A112

No title
ほんとにご近所
記念碑では良く遊びました
今と遊具が違いますが、よく誠忠碑の一角に入って遊んでいて近所の爺さんに怒られた思い出が・・・
こんな滑り台がありましたね
http://okirakuhobby.blog114.fc2.com/blog-entry-593.html

あの辺りの道にも名前があったんですね
全然知りませんでした

まさ

怒られた!(笑)子供は絶対登りますよね。 僕は大人なのに登ったけど。
金魚滑り台、いいですね〜。
非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク