酒、酒、いいネ!

2017年09月08日
 盆過ぎには例によって義両親の移住先である千葉県北総に行きまして、例によって東海地方の人にはまったく馴染みのない町をウロチョロしてみましたシリーズ。今回は酒々井町。少し前、マツコの知らない世界の「マツコの知らない駅メロディーの世界」の回で、松澤健氏(→●□)の「JR東日本の超有名駅メロ“Water Crown”が最初に導入されたのは1989年の成田線酒々井駅だった」という情報を聞き、千葉県出身のマツコ・デラックスが「酒々井かぁ~。アタシ降りたことないかも」とコメントした、あの酒々井です。

170909-6.jpg

 その酒々井駅である。と言われても東海地方の人にはどこだかまったく分からないと思うので、例によって地図を貼り付けておきます。



 この町のことは特に何も知らないのですが、わずかに耳に入ってきた情報をもとに推測すると、たぶんこんな町。
・もともとは印旛沼南岸の丘陵地に開かれたド農村(たぶん)
・成田への参詣街道沿いに町が作られた(たぶん)
・昭和40~50年代に大規模な宅地開発がなされてベッドタウンになった(たぶん)
・有名物件は酒蔵、本佐倉城跡、酒々井プレミアムアウトレット
・文化的には佐倉の圏域に含まれる(たぶん)

170909-2.jpg

 ということで、景観はだいたい三種に分類されます。まずは旧成田街道沿いの町並み。右の旧家の前に立てられていた案内板によると、江戸時代には幕府直轄の馬の飼育地としても栄えたそうな。

170909-1.jpg

 続いて宅地開発エリア。京成酒々井駅とJR酒々井駅のあいだ及びJR酒々井駅の東側一帯に、分譲地と県営団地が広がっています。

170909-3.jpg

 そして、いかにも千葉らしい風情の農村。このへんの特産である落花生の畑が点在しています。

170909-4.jpg

 でもって名所のひとつ、佐倉市との境にある本佐倉城跡。聞いたことがなかったのでマイナー中世城郭のひとつかと思いきや、なんと国指定史跡。だけど、どこがどう国指定レベルなのか、城マニアでない自分には今ひとつわからない…。

170909-5.jpg

 そして町南部の農村集落にある酒蔵、「甲子正宗」の飯沼本家。シブい。
 以上「3分でわかる酒々井町」のコーナーでした。なお、酒々井3名所のひとつであるプレミアムアウトレットの画像は特に面白味がないので割愛させていただきました(アップしている画像も別に面白味はないけど)。
(まさ)
スポンサーサイト
千葉雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示