ため池のベルが鳴るとき

2017年08月16日
 奥山田池、大谷下・上池とマイナーな溜め池を出してみましたが、岡崎市南部の上地・岡崎・羽根・小豆坂学区にはやたらと溜め池がありまして、「岡崎まちものがたり」の地図ページに溜め池の名称を入れるべく編集サポート作業中にできるだけ見に行ってみました。
 わたくしは職業柄、あらゆる景観を注意深く観察する癖が付いておりますが、溜め池というのはどうもこう、なんというか、景観的にいまいち興をそそらないことが多い。なんとも批評のしようがなく、どう表現したもんかと眺めながら考えあぐねてしまうことがしばしばです。ただ、いちおう写真は撮っており、ここでバーンと出しておきます。
 地図で場所を確認しながらご覧ください→●□

170815-5.jpg

 まずは割と有名どころ「柱大池」。昭和初期から戦後にかけて、ここはボート遊びのできる遊興地「東楽園(とうらくえん)」として知られていました。

170815-6.jpg

 ここも一部マニアにはそこそこ知られている「長池」。この周囲に昭和6年から28年まで岡崎競馬場があり、今もコースの一部が生活道路として残っています。

170815-7.jpg

 このへんからだんだん地味に。戸崎公園の南にある三連池のうち西にある「雨池」。

170815-4.jpg

 真ん中の「中池」。池のほとりに畑や古いアパートがあったりして、まあまあ趣きがある。

170815-1.jpg

 東の「ガン池」。希少な湿原植物が見られるそうで、小豆坂小学校の自然観察学習がちょくちょく行われています。一度、取材で同行させてもらいましたが、こんな池でも子供たちがワラワラしているとそれなりにいい雰囲気になります。

170815-3.jpg

 このレベルまでくるといよいよ怪しい感じに。ウィングタウンの南西にある「双子池」。道路で分断され南北に分かれています。

170815-2.jpg

 そして極めつけは鰻池。もう池だかなんだか…。
(まさ)
スポンサーサイト
西三河雑 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
柱大池、子どもの頃はまだ貸しボート屋もあったんですけどね。いつの間にか無くなっちゃいました。

双子池ももっと水面が見えてザリガニの宝庫でしたよ。
No title
柱大池の東楽園ですね。古い絵はがきは見たことがありますが、そんな最近まで(30年くらい前?)貸ボート営業していたとは驚きです。
鰻池なんて、県指定の湿原だったそうで…。岡崎南部のため池群は意外とネタ豊富で面白いですね。

管理者のみに表示