ミス・タイガー

2017年07月29日
 春夏秋冬叢書「そう55号」連動ネタ。というか、取り上げようかどうしようか迷ってボツにしたネタ。
 地名探訪では豊川市の当古を取り上げましたが、最後までどっちにしようか悩んだのが岡崎市の古部(こぶ)です。山間部の河合地区の奥のほうにある集落です。小学校の学区でいうと生平学区。



 さほど地形的な険しさのない岡崎では、山あいの村であってもたいてい別の集落に抜けられる道があるものですが、男川の支流の最奥部に位置する古部は、珍しいどん詰まりの集落。岡崎で完全にどん詰まりの集落はここのほかに、山を挟んだ切越と、旧額田町の雨山ぐらい。

170728-1.jpg

 この古部の地名由来が平成11年に刊行された河合地区の郷土誌に載っています。それによると「古い郡衙(古代の役所)の所在地で、古府が転じて古部になったという説」があり、また「飛鳥時代に北野廃寺を建設する時、その核となる頭脳者たちの居住地兼研究所があったのではないかとする説もある」と。
 うーむ、いくらなんでもそれは突飛なのでは…。僕は単純に、村の周囲の山々が瘤みたいにボコボコしていたからこの地名になったんじゃないかと思います。
 この集落は、一部のマニアにはけっこう知られているのではないでしょうか。古部の子供が通う生平小学校に「二宮金次郎と思いきやまったく関係ない女性だった」像があり、以前テレビでも放映されていたのですが、「とら」という名のその女性が古部の生まれで、古部にも小学校と同様の石像があるのです。

170728-2.jpg

 これが集落の中ほどにある「孝婦とら」の像。台座には昭和53年建立と記されています。背中に薪を背負った姿は金次郎像そっくり。

170728-3.jpg

 ただし顔は女性である。
 前出の郷土誌によると、孝婦とらは江戸時代中ごろの人。親孝行な娘で、病で働けない父に代わり、幼い頃より山で拾った薪を一人で岡崎の町まで売りに行っていたという。その苦労を見た人が、病に苦しむ父のためにと薬を届けたところ、父がしばし苦痛を忘れるほどに効いた。その薬は14里も離れた池鯉鮒で売られているものと聞いたとらは、一日おきに薬を買いに出掛け、父に与えた。なんて孝行娘なんだ!と岡崎城下で評判になっていたのをたまたま岡崎に来ていた巡検視が耳にして薬代を与え、のちに岡崎城主に報告すると城主からも褒章が与えられた…。

170728-4.jpg

 とら像からすこし登った所には、享保18年(1734)に建立されたとらの顕彰碑「孝婦碑」もあります。見事な太文字に、神様でもないのに祠のような立派な屋根付き。背面にはとらの孝行っぷりが漢文でびっしり。たいへん尊敬されていたことがよくわかります。
 ちなみに古部からは、のちに「孝子佐左衛門」「孝子浅右衛門」という孝行者が現れ、ともに領主より米三俵白銀二枚が与えられたと、郷土誌に書いてあります。とらの逸話が村人たちにいい影響を与えたのでしょう。古部はまさに「親孝行の里」。
(まさ)
スポンサーサイト
西三河雑 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
生平(おいだいら)小学校のとらさん像を初めて見た時は驚きましたね。
たまたま近所で会った古老が大変地元の歴史に詳しい人で、
この奥の「古部」にも同じ像が有るんだと言って連れて行ってもらいました。
知らないと絶対行かない山奥でしたね。
建立者の杉山次郎氏についてもお聞きし資料もいただきました。
大久保彦左衛門があのあたりを開墾したそうです。
他にもたくさん聞きましたが忘れてしまった。
すぐ記録しとかないといけませんね。
URLに私のサイトの記事があります。ご参考まで。
他に金次郎像によく似た像として、養老駅前の「源丞内」像があります。
No title
すぎやまさんのサイトで村に像があることを知った次第です。ありがとうございます。

管理者のみに表示