アターシャ&世古ビッチ

2017年07月04日
 春夏秋冬叢書「そう55号」連動ネタ。
 今号では旧知のカメラマンAさんと組んで、東三河の「セコ(世古・瀬古)」をひたすら巡ってみました。セコというのは基本的に「狭い道」という意味で、主に東三河南部、知多半島南部、伊勢志摩あたりで使われている言葉です。意味の通る漢字を当てると「狭処」になり、ケチ・ズルい・下手などを意味する「セコい」とは語源が違うので念のため。

170703-6.jpg
(蒲郡市三谷)
 
 このような、家と家の隙間に通じる車が入れない狭い道のことですね。もはや年寄りでないと分からない言葉かもしれません。三河方言のひとつではあるのですが、地名や方言の辞典を見ると茨城や愛媛でも同じ意味で使われているらしく、こういう場合は方言としていいかのか門外漢には分かりかねますが…。
 ただ、東三河でも渥美半島に行くとニュアンスが異なり、「小集落」「コミュニティの単位」の意味がある…というようなことを記事では書いております。詳しくは本誌を買って読んでください。

 で、本誌ではセコ概論を書いただけで規定の文字量に達してしまい、おすすめスポットに言及する余地がなかったので、ここで紹介します。東三河を隈なく歩き回ったマニアがおすすめする最大のセコタウン、それは蒲郡市の形原だ!

170703-1.jpg

 セコ道じたいはどこの町や集落に行っても見つけることができますが、味わい深さ・密集ぐあい・迷い込んで楽しめるかどうか等の観点で見ると、意外に「これぞ!」というのがありません。その点、形原のセコ群はまるで迷路のように入り組んでおり、いい塩梅のセコ坂道が多く、景観的なバリエーションも多彩で、実にレベルが高い。

170703-2.jpg

 黒板壁に挟まれたセコ。

170703-3.jpg

 海がチラッと見えるセコ。

170703-4.jpg

 製綱工場の脇を通り抜けるセコ。

170703-5.jpg

 そして名鉄蒲郡線沿いのセコ。ここは高台を掘割でぶち抜いたためにセコが線路で寸断されてしまったところで、セコ坂はその代替ルートとして付けられたようです。
 以前、飛騨金山が路地めぐりで売り出し始めたことを書きましたが(→●□)、いずれ形原でもセコが地域おこしに活用される…なんてことは、あまりにシブすぎるのでたぶん難しいでしょう。
(まさ)

170701-2.jpg
スポンサーサイト
東三河雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示