タウンサインの研究0075/タウンアーチの先へ0053

2017年06月17日
 GW中の千葉遠征中、一日は家族で東京観光。サザエさん好きの息子に触発されて、世田谷の長谷川町子美術館に行ってみました。

170616-2.jpg

 最寄駅の東急桜新町駅を降りた瞬間からサザエさん全開の町で、駅入口には磯野家の面々の銅像があり、駅から美術館までの桜新町商店街にはフラッグやシールや車止めポールのレリーフ等々、サザエ、ザザエ、サザエ!

170616-3.jpg

 商店街振興組合の事務所もサザエ仕様。

170616-6.jpg

 商店街の中には有名なサザエさんカフェもあり、サザエさんマニアの6歳児もテンションが上がりっぱなしだ!
 ちなみにうちの子は、アニメはサザエさんとちびまる子ちゃんしか見ません。愛読書は、昨年と今年に刊行された「週刊朝日臨時増刊 サザエさん」シリーズ。好きな歌は、むかし放映されていた火曜版サザエさんのエンディングテーマ(戯れに教えたら覚えた)。なぜこんな子になってしまったのかは親にもわからないのである。

170616-1.jpg

 でもってサザエさん美術館ですが、想像以上にサザエさん関連の展示が少なく、ちょっと肩すかしでした。メインの展示は長谷川町子がコレクションした絵画作品のようで、サザエさん関連の展示スペースは2階に設けられた狭い一室のみ。どれくらい狭いかというと、知立市図書館1階で市民や趣味団体が作品展示会をよく催している「展示コーナー」くらい(たとえがわかりにくい)。
 とはいえ、館内ビデオでアニメ(昔の作品で絵柄が今とは微妙に違うヤツ)が流れ、単行本が常備してあるので、うちの子もヨソの子らも一様に満足しておられました。
 なお、帰り際に覗いたグッズ売り場の人が名古屋の松坂屋美術館でサザエさん展が開催中だと教えてくれ、後日行ってみたところこちらは大変ボリュームのある展示でした。

170616-4.jpg

 サザエさんのあとはもう一発、超メジャースポット。巣鴨とげぬき地蔵へ。何をイメージしたのかよくわからない商店街アーチが素晴らしい。

170616-5.jpg

 界隈は聞きしに勝る雰囲気&年齢層の高さ&混雑っぷりでありました。あと、とげぬき地蔵の門前に三河田原のお茶屋、磯田園が店を出していたのには驚いた。
(まさ)
スポンサーサイト
東京雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示