メモリアルパークのチャーリー球児

2017年06月08日
 先の日曜日、千葉県佐倉市の「長嶋茂雄記念岩名球場」で開催された改修こけら落とし二軍戦に、当の長嶋茂雄が登場して始球式の打席に立ったというニュースが流れましたが、実はGWに、義両親が移住した千葉県北総へ行ったときその岩名球場へ行っておりました。

170608-1.jpg

 場所は佐倉市の外れ、京成佐倉駅北口から車で5分ほどの農村地帯。スポーツ施設が集まった岩名運動公園内のメインスタジアムに、長島の冠が付いています。行ったときはこけら落としに向けて工事の真っ最中で、外観をチラッと見ただけ。

170608-2.jpg

 佐倉市は長島のほかに、髙橋尚子や有森裕子の育ての親である小出監督の出身地とか。園内の陸上競技場では錚々たる面々が練習したということで記念碑が建っておりました。東海地方にはまるで縁のなさそうな千葉のこんなところが、自分と同郷の有名人ゆかりの地かと思うと、意味もなく愛着が湧いてきます(勝手)。

170608-3.jpg

 ところでこんなところへ何しに行ったかというと、今やすっかり野球に夢中の6歳児と草野球が出来る場所を探してウロチョロしていたところ、本格的な球場とは知らず来てしまったのでした。長島メモリアル球場はもちろんサブグランドも使用できず、フェンスの前で呆然と立ち尽くす6歳児であった。

170608-5.jpg
(2014.07.05)

 ちなみに長嶋茂雄が生まれたのは、佐倉市に合併した旧臼井町とか。その臼井町中心部の三差路の一角には長島生誕地の記念碑が…じゃなくて、道路元標が建っております。
(まさ)
スポンサーサイト
千葉雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示