カンバンの手帖ブログ版0349

2017年05月10日
 信長取材がらみで、清洲城のほかに大高駅のすぐ東にある鷲津砦跡にも久々に行ってみました。今川方だった鳴海城-大高城のラインを分断するため信長が丸根砦とともに築いたもので、桶狭間の合戦の前哨戦が行われたとかいう話です。

170504-4.jpg

 木立の生い茂る小山の中に史跡碑や大正4年建立の「表忠碑」がひっそり立つのみ。眺めも悪く、というか木ばかりで何も見えず、戦国マニアでもない人には面白さがわからないようなところです。わたくしは戦国マニアではないので、特に面白いとは思えず…。

170504-2.jpg

 いちおう「鷲津砦公園」となっており、不等辺三角形の凝った(ようなそうでないような)案内板が設置されております。この案内板の現在地表示がちょっと面白かった。

170504-1.jpg

 ゲームウォッチのような人型が描かれているのであった。
(まさ) 
スポンサーサイト
名古屋雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示