三面モンキー

2017年04月14日
 三猿といえば、下野庚申堂の少し前に行った蒲郡市三谷の八剣神社でも三猿像に遭遇しました。

170414-3.jpg

 拝殿の東側に、昔の工場みたいなセメント製(?)の巨大な塀があります。最初は、この神社らしからぬ風情の建造物に目を奪われました。

170414-5.jpg

 で、塀をじっくり観察しようと思って近付いてみると、その端に何やら石造物が。

170414-1.jpg

 これがなんと三猿なのでした。なんでまたこのような場所に…。

170414-6.jpg

 よく見ると、見ザル言わザル聞かザルが背中合わせになった一体の像です。しかも塀の幅にピッタリの小ぶりなサイズ。塀とセットで作ったとしか思えません。
 この下のほうに取り付けてあった銘板によると塀の建造は昭和12年で、60人ほどの奉献者の末尾に「石匠 今井元治」という名が見えます。この人が、塀を建てたついでに自作の三猿像を奉納したのでしょうか。
(まさ)
スポンサーサイト
東三河雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示