プリンス・トヨガワ

2017年04月01日
 共感を得られにくい風景ばかりでもなんなので、院之子の名所なども。

170330-2.jpg

 この界隈で最大の見ものといえばコレ、霞堤の遺構。霞堤とは、詳しく書くと長くなるので各自検索してください。院之子を囲むこの小ぶりな堤防は実に雰囲気がよくて視界も良好、農村景観を鑑賞するにはもってこい。

170330-3.jpg

 続いての見ものは、天白社と長光寺。塀を挟んで隣り合い、それぞれの境内に見事なイチョウが聳え立っています。豊川市のイチョウといえば大和の大イチョウ(→●□)が有名ですが、こちらもなかなか。
 えー、院之子の名所は以上です。

170330-4.jpg

 天白社の片隅にはなぜか腕用ポンプが放置してありました。一部マニアにはこれも見どころかと…。
 ちなみに僕が10年チョイ前に所属していた揖斐川町消防団では、出初式で伝統的な階梯操法(ハシゴに登るヤツ)と腕用ポンプ操法を披露するのが慣例で、僕も腕用ポンプの漕ぎ手をやらされたことがあります。垂直に差し込んだ太い木の棒を何人かでギコギコ漕いで放水するのですが、メチャクチャ重くてなかなか水が出ないうえに操法としては動きが地味すぎ、派手な階梯操法に観衆全員の注目が集中するもんで「コレ、やる意味あるの?」と思ったものでした。
(まさ)
スポンサーサイト
東三河雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示