ニニンが三蔵子

2017年03月21日
 春夏秋冬叢書「そう」54号連動ボツネタ。
 豊川には、蔵子によく似た名の「三蔵子(さんぞうご)」という町があります。海軍工廠跡の工場地帯の北東に位置し、三蔵子小学校があるので蔵子よりは知られている地名ではないでしょうか。なお6年ほど前の「そう」30号では、三蔵子小学校の御殿万歳部を取り上げたことがあります。



 蔵子と関係がありそうに思いきや実はぜんぜん無関係のようで、地名の由来は「行基が作った“三尊の霊仏”にちなんで三尊郷と呼ばれていたのが、転じて三蔵子になった」とかなんとか…。

170320-1.jpg

 語感がいいので当初はこちらを取り上げたいと思っていたのですが、行基作の三尊霊仏がどこにあってどうなったのかまったく分からないし、ありふれた住宅地で写真的にもチョイと難しかったので、今回は見送ることになった次第です。

170320-3.jpg

 家並が尽きたところから本宮山麓に向かって畑が広がっており、これはこれで味わい深いのだが…。

170320-2.jpg

 三蔵子には、2008年に拙著「火の見櫓暮情」を作った時点では大小二つのHINOMIがありましたが、大きい方はいつの間にか撤去されておりました。こちらはまだ生き永らえている、三蔵子公民館横の中型半鐘台。秋葉山常夜燈とセットになった意味深い一基。先の広報掲示板や高札型史蹟案内板とともに、ぜひとも後世に残していきたい一品ですネ!←こればっか
 なお標題の元ネタは、70年代後半に放映されていたドリフの西遊記人形劇のエンディングテーマの一節でございます。
(まさ)
スポンサーサイト
東三河雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示