雪の中でサトウキビ収穫

2017年02月13日
 遠山郷・上町の御祝い棒に続きまして、1月14日には碧南へ。衣浦湾に面した玉津浦にある伊藤忠製糖でサトウキビ刈り体験があるというので、行ってみました。伊藤忠製糖の白砂糖はこのあたりのスーパーにはたいてい置いてあると思います。.社名にピンとこなくても、ハートのようなロゴを見れば「ああ、あの!」と分かるはず。

170213-1.jpg

 その工場入口でPR用のサトウキビが栽培されています。大手の製糖メーカーが碧南にあるのも意外だし、三河のこんなところでサトウキビが育つというのも意外。聞けば、甘いものが少なかった昔はその辺の畑の脇でよく栽培されており、熱帯・亜熱帯でなくても育つという。

170213-2.jpg

 でもって、収穫がこんな厳寒期とは…。舞い散る雪のなか、収穫用の大きなハサミでせっせと刈り入れに精を出す5歳児。袋一杯持ち帰ったサトウキビは、食べにくいせいか5歳児はあまり口にしなかったので、ほとんど私のオヤツとなったのでした。
(まさ)
スポンサーサイト
西三河雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示