下伊那の雪

2017年02月09日
 今日は雪が降りそうですが、そんななか女性取材記者はカメラマンAさんとともに取材で飯田へ出掛け、御苦労さんです。かくいう自分も1月には自分も雪でたびたび取材に難儀しました。
 まず8日。下伊那・遠山郷の上町で行われる「御祝い棒」の取材日に、長野県南部は大雪。
 現地へ向かうべくカメラマンMさんと国道151号を北上していたところ、豊根村最北の中村集落の先で道に雪が積もりはじめ、新野峠のかなり手前で車がストップ。Mさんが持参したチェーンを坂の途中で取り付けなんとか峠を越えられたのですが、その先も雪が降りしきり、現地に辿り着くまでえらい時間がかかった。
 雪景色の伊那谷はこれまでほとんど経験したことがなく、実に新鮮でありました。

170208-1.jpg

 雪景色の鶯巣である。

170208-2.jpg

 雪景色の平岡である。
 できることなら立ち止まって雪景色を堪能したいところでしたが、ひたすら雪道でスピードが出せず行事の開始に間に合うか微妙だったので、助手席から撮影しただけであった。

170208-3.jpg

 上町の「御祝い棒」は夜の行事で、しかもけっこうな雪。この行事については3月10日発刊の「そう」54号をご覧ください。
 で、行事が終わって飯田まで出たら中央道が通行止めで、急遽ホテルに泊まるハメに…。新年一発目の取材からこんなんでは、今年はたぶんロクな年ではないだろう。

170208-4.jpg

 翌朝、中央道の通行止めは解除。チェーンのまま高速に乗ったところ、園原IC手前のでチェーンを外すよう案内が出て、初めてチェーン着脱所に進入。レア体験ができたのでまあよしとしよう。
(まさ)
スポンサーサイト
伊那谷雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示