現時点での聖地

2017年01月30日
 4日の朝に下関市吉見の友人宅を辞したあとは、山陰線と山陽新幹線を乗り継ぎ、5歳児たっての希望で広島に立ち寄り。何が目的かというと、マツダスタジアムです。昨年、祖父の影響で野球を覚えた5歳児は、快進撃で盛り上がったカープのファンになり「やまぐちにいくならひろしまもいきたい!」と。
 幼児というのは単純なもので、そのとき強いものに憧れます。なので、去年もし別のチームが優勝していたらそのチームのファンになっていたことでしょう。東海圏の人間になのに中日から入らないというのがヒネクレモノの父(わたくし)に似すぎで嘆息しますが、僕も別に中日ファンではないし、巨人が好きなどと言い出さない限りは子供の意志を尊重する所存です。

170129-5.jpg

 そんなわけで、広島駅で下車してさっそく駅構内のグッズ売り場でカープの帽子を購入し、やって来ましたマツダスタジアム。女性取材記者(ただの観光客)も赤いカーディガンを羽織ってファンを装っております。

170129-2.jpg

 外観だけ見るつもりで来たのだが、なんと球場内に入ることができたのには感激!スタンド中段は非開催日も開放されており、公園のように一周できるようになっていました。なんという粋な計らい。ファン心理がよく分かっている。

170129-3.jpg

 グラウンドを見つめ、将来のカープ入団を夢想する5歳児と、興奮のあまり今シーズン中の再訪を誓う女性取材記者。
 このあと、帰省した親戚を見物に連れてきたという「生まれてこのかたカープ一筋」の地元のお婆さんが、カープの帽子をかぶった5歳児に目を留め、話しかけてくれました。

「あら~、カープファンけ?どこからきたの?」
「あいちけん!」
「えっ、愛知の子なのにドラゴンズじゃなくて!?まぁ~、ありがとね!誰が好きなの?」
「エルドレッドと黒田と安部!」←親も初めて知った
「まぁ~!おばちゃん、あなたと出会えたこの日を忘れんけんね!」

 今年、広島以外のチームが優勝して5歳児がそっちに乗り換えたりしないことを願うばかりである…。

170129-1.jpg

 で、球場近くの店で帽子をかぶったままお好み焼きを食ったのでした。
(まさ)
スポンサーサイト
西日本 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示