国鉄の匂い~宇部新川駅編

2017年01月22日
 立川、利根に続いて、またも東海地方の人にはあまり馴染みのない地域のネタ。
 正月は午前中に千葉県北総の義両親宅を辞しまして、下関市郊外に住む友人宅を訪ねるべく、飛行機で羽田空港から山口宇部空港へ飛びました。5歳児は人生初フライトおよび人生初山口県にテンションが上がりっぱなし。私と嫁は2008年8月に周防大島(→●□●□)や下関(→●□)を巡って以来の山口県になります。
 宇部空港からはJR宇部線・山陽線・山陰線を乗り継いで目的地へ向かいます。空港から徒歩5分のところに草江駅という聞いたこともないマイナー無人駅があるのでそこから乗ってもよかったのですが、事前にグーグルマップのストリービューを見たらイマイチ面白味のなさそうな駅だったので、20分ほどバスに揺られて宇部市の中心部にある宇部新川まで行ってみました。

170122-1.jpg

 宇部新川は国鉄臭がプンプン漂う昭和23年築の素晴らしい駅舎が健在!

170122-2.jpg

 高い天井が超絶味わい深い!

170122-4.jpg

 広い待合スペースも最高の居心地!

170122-7.jpg

 キヨスクがセブンイレブンになっていたのには一瞬「ハァ?」という感じでしたが、駅舎のよさに免じて許そう、という気にもなります。なお、5歳児はここで2017年の初アイス(ガリガリ君ソーダ)を購入。

170122-3.jpg

 改札を抜けてホームに出ると、駅舎と乗り場の間に緩い傾斜のついた異様に広いスペースがあり、おまけに一角にはオモチャの白鳥を浮かべた大きな池&築山まで設えられており、もう完全に登録文化財級!

170122-5.jpg

 そして見慣れない黄色い電車に、父子揃ってのけぞった…。
(まさ)

◎「国鉄の匂い」シリーズ
都城駅編→●□(2008.03.26)
吉都線編→●□(2008.03.27)
新宮駅編→●□(2014.05.25)
スポンサーサイト
西日本 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示