中流管理録トネ町

2017年01月21日
 前回の立川市が意外なことに「東海の郵政関係者には馴染みが深い」というコメントをいただいたので、今度はさらにマイナーなところを…。
 千葉県北総に滞在していた大晦日の夕暮れ時、暇つぶしに県境を超えて茨城県利根町に行ってみました。滞在地の北総線沿線から車で15分ほど、地名のとおり利根川のほとりにある、茨城県の南の端に位置する町です。東海地方どころか首都圏の人にもほとんど馴染みが無いんじゃないかと思うので、国土地理院の地図を貼り付けておきます。



 この町に関して知っていることはなにひとつないのですが、地図だけ見て推測するとこんなところ。
・中心地の布川は、千葉県側の木下・大森・布佐と並ぶ利根川の湊町として栄えた(たぶん)
・その布川は利根川の水上交通と龍ヶ崎・土浦方面への街道が交わる交通の要衝で、宿場町的に発展した(たぶん)
・最寄駅は対岸のJR成田線布佐駅だが、文化・経済的には取手との結び付が強い(違うかも)
・住民の主な買い物先はイオンなど大型商業施設が集まる千葉ニュータウン中央や印西牧の原(たぶん)
・昭和末期~平成初期に宅地開発が進んだ(微妙にズレてるかも)
・これといった名所はないが、田園風景はチョー凄い(たぶん)

170121-1.jpg

 とりあえず堤防から利根川を眺めてみました。前にも書いたが(→●□)、このあたりの利根川は実にどうもパッとしない風情です。地形的なメリハリがないのでしょうがないが。
 利根町の中心市街地である布川の町は、この堤防下に広がっています。

170121-2.jpg

 シブい、シブすぎる!きっと昔はそこそこの規模の商店街が形成されていたと思われます。ただ、商店の数に比して住宅はけっこう建て込んでおり、決して町が小さいというわけではない。

170121-3.jpg

 市街地の北に小高い丘が伸びており、その麓に商工会館と布川町道路元標(ポストの前に見える石造物)がありました。ここが旧役場でしょう(たぶん)。道路元標の設置が始まった大正11年に「町」だったということは、それなりに大きな町だったことを示しています。

170121-4.jpg

 ここから少し西に行った丘の上には布川神社がありました。今晩から多くの地元民が参拝に訪れることでしょう。
 なぜか狛犬が参道石段下の鳥居の前に、しかも正面を向いて置かれており、この違和感が布川でもっとも印象に残った次第。
(まさ)
スポンサーサイト
東日本 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示