立川豊川

2017年01月18日
 年末年始の関東遠征では、昨年に引き続いて(→●□)競輪グランプリの本場観戦が叶いまして、20年ぶりに立川市に行きました。
 立川は、競輪に手を染めていない東海地方の人にはまるで馴染みのない町と思います。大雑把にいうと、JR中央線の沿線に位置する東京西部・多摩地区の中心都市で、昭和記念公園と自衛隊とモノレールがあり、あとは特に…。

170117-1.jpg

 壁のような駅ビルがバーンと建ち、

170117-3.jpg

 駅前通りには巨大な街路樹がドーンと伸び、トイレのタイルのような壁面の商業施設がズーンと構える町です。

170117-4.jpg

 駅前は首都圏らしくごちゃごちゃして賑わっているふうなのだけれど、少し歩けばもう住宅地の様相で、なんというか、大きいのか小さいのかよく分からない町、というのが正直なところ。愛知県でいうと、春日井の勝川を10倍ほどビッグにした感じ?
 で、写真の柱型カンバンに導かれるままに競輪場の方へ歩いていきますと、途中に三河発祥のモノを発見。

170117-5.jpg

 豊川稲荷立川分霊所だ!

170117-6.jpg

 小ビルの谷間にある小さな社で、豊川の本山で見慣れた赤白の千本幟も奉納され、もちろん狐像も安置されています。しかし、社務所はあるものの人は不在、由緒を記した案内板もなく、詳細は不明。
 豊川稲荷といえば「そう」53号で港区赤坂にある豊川稲荷東京別院について書いたので、興味のある方はご覧ください。

170117-7.jpg

 でもって肝心のグランプリは、お稲荷さんの石造物や拝殿まわりのチェックに熱中するあまりロクに手も合わせなかったのが祟ってか、惨敗であった。うーん。

170117-8.jpg

 帰り道はかなりシブ度の高い商店街「シネマ通り」を、他のオケラの皆さんとともにトボトボと…。以上、かなり偏った立川散策レポートでした。
(まさ)
スポンサーサイト
東京雑 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
お隣の国立に郵政の研修所があり、研修生は立川に繰り出すので関係者には馴染み深い街です。研修所には郵便車が保存されていて、守衛に申し出れば一般の方も見学できるはずなので、機会があれば是非…!
No title
それはぜひ行きたいんだわー。

管理者のみに表示