秘打!白鳥の水田

2017年01月07日
 本年もよろしくお願いいたします。

170107-5.jpg
(千葉県印西市本埜地区の初日の出)

 今年は暮れから元旦の朝までは義両親の移住先の千葉県北総ですごし、昼過ぎの飛行機で羽田から山口県の山口宇部空港に飛んで、1日夜から4日までは下関在住の友人宅に滞在、帰りに広島でちょっと遊んで自宅に戻るという、なかなかアクロバチックな動きをしてみました。
 元旦は日の出の少し前に起き出して、千葉県が誇る美しき田園地帯、印西市の本埜地区(→●□)を車で徘徊。上の初日の出写真は、地元の名所「白鳥の郷」の近くで撮ったものです。
 その「白鳥の郷」は、県道沿いにカンバンが出ているので前から気になっていました。このエリアで白鳥が飛来するなら印旛沼や周辺に点在す小さい池だろう、と思って現地に行ってみたら、ぜんぜん違っていて驚いた。

170107-2.jpg

 飛来地はなんと、水を張った田んぼの一区画であった。いやー、実にシブい。
 案内板によると、平成4年に排水路工事のため一時的に水を張っていた田んぼに6羽の白鳥が舞い降りたのを地元の人が発見したのが始まり。平成7年に近所の人が白鳥飛来地用に田んぼを提供し、以来、保護活動を行っているとのこと。

170107-3.jpg

 白鳥を見物したあとは、印旛沼と利根川を結ぶ長門川を眺めたり、

170107-4.jpg

 JR成田線の本埜踏切を眺めたりと、印西の美しき地味景観を堪能したのであった。なお、正月早々のマニアックな田園地帯探索に、当然ながら妻子は伴っておりません。

170107-6.jpg
「ついていけませんよ、おとうさん」
 広島・マツダスタジアムで秘打・白鳥の湖のイメトレに励む5歳児。
(まさ)
スポンサーサイト
千葉雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 立川豊川 | HOME | 虹&HINOMI »