可児エ・ウェスト

2016年12月29日
 2週間ほど前、およそ3年ぶりに可児市方面へ行ったついでに可児駅に立ち寄ってみたら、何やら駅で工事が行われており唖然。

161229-1.jpg

 おお、ここの駅舎もJR東海お得意のどうでもいい橋上駅に建て替えか…。

161229-2.jpg

 と思ったら早とちりで、なんと古い駅舎はそのままで東西自由通路を作るらしい!JR東海の意向ではなく市の独自事業と思うが(違ったらスイマセン)、こういう形で駅舎が存続するのはJR東海の駅では初めてではないだろうか(あったらスイマセン)。供用開始は平成29年度末予定とのこと。

161229-3.jpg

 大正7年築の地味な駅舎で微妙にパッとしない感もありますが、とりあえず生き永らえたことを喜びたい。

161229-4.jpg

 ついでに可児市の中心地区である広見の市街地も初めて歩いてみました。昔ながらの商店が連なってはいるけれど比較的と小規模で、近隣の御嵩、八百津、川辺などと似たり寄ったりな感じ。可児というと、昭和57年に市制施行したころ名古屋のベッドタウンとして県内一の人口急増を誇ったことを思い出しますが、玄関駅や中心市街地は可児郡可児町時代の風情で好もしく思えます。
(まさ)

---------------------------------------
◎マルカドブックス
2冊更新しました。
0284立川志らく まくらコレクション(立川志らく)→●□
0285駆け込み寺の男-玄秀盛-(佐々涼子)→●□
スポンサーサイト
中濃・東濃雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示