観光之下呂

2016年11月26日
 10月に取材で行ったばかりだというのに、2週間ほど前にまた下呂へ。今回は家族旅行です。下呂には仕事で年に一度くらいは来るけれど(今年はなぜか4度も仕事で…)、純然たる旅行で温泉街に来るのは生まれて初めて。

161127-1.jpg

 先月も来た温泉寺、今回は紅葉の真っ盛りでした。観光媒体で仕事していても取材スケジュールが観光のハイシーズンに重なることはめったになく、紅葉のタイミングで温泉寺に来るのも初めてです。

161127-2.jpg

 境内には紅葉期間だけの足湯も設置してありました。おお、いつか原稿書きの資料で読んだことがあるヤツだ!ということで、もしかしたらどこかで写真を使う機会があるかもと思い、嫁をモデルに撮影。嫁も心得たもんで、こういうとき夫婦で同業だと話が早いのである。

161127-3.jpg

 宿泊は下呂ではなく、炭酸泉で知られる飛騨小坂の湯屋温泉にしたので、その近くの名所の巌立峡にも数年ぶりに行ってみました。
 こちらでは「ワイルドな渓谷を気軽に楽しめる散策コースが整備されています」みたいなキャプションを付けられる写真を撮ろうかと思ったのに、親の意向を汲み取らない5歳児は祖父と二人でずんずん歩いて行ってしまった。

161127-4.jpg

 でもって、宿泊した湯屋温泉「泉岳館」の炭酸泉大浴場。心身ともに弛緩しまくった旅行中の温泉撮影は、私の腕ではさすがに難易度が高く、どこかに使えそうなものは撮れなかった…。
(まさ)
スポンサーサイト
飛騨雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示