窓に広がるシブい海よ

2016年10月13日
 あと一回、ローカル媒体の「知多半島南部一周バスの旅」ネタ。押さえておきたい車窓風景を。

161013-1.jpg

 知多バス師崎線は、愛知県らしくない風景が楽しめる海田川バス停付近がハイライト。地形図に記載があるのに岬らしさがまったくない「海田鼻」(→●□)のあたりです。

161013-2.jpg

 海の見える区間が多くて楽しい南知多町海っ子バス。写真をクリックするとわかりますが、バスの窓に落書きがあります。これは、師崎を題材にした「羽豆岬」を歌っているSKE48のメンバーが書いたサインとメッセージで、役場の担当部署に事前取材したところ、これを目当てに乗りに来る人もいるそうな。へぇ~。
 と思っていたら、この日師崎から乗った乗客5人は全員がファンらしき人たちだった!そしてその5人とも、スマホで撮影してSNSに投稿していた。わたくし、SKEにもアイドル全般にも興味はないのだが、自分だけ一眼レフを持って仕事用にシャッター切りまくっていたので、もっとも熱烈なファンに見えただろう…。

161013-3.jpg

 河和、布土エリアを走る美浜町巡回ミニバス東部線。折り返し地点の梅の木バス停は、ギリギリ武豊町の手前。散漫な風景も、バス停と町境標識があるだけでグッと締まるのである(個人の感想)。

161013-4.jpg

 美浜のバスはこのワゴン車です。旅館の送迎バスみたいですが、布土の狭い道にぐいぐい入り込んで行ったりしてなかなか楽しかった。
 左に見えるのは河和口のアイドル「花ちゃん娘かっぱ」。父(→●□)と母(→●□)は数年前にお色直ししたのにこの子だけ取り残されてて不憫だったのだが、今年の春に布土小児童の手で“エステ”されたそうで、よかったよかった。
(まさ)
スポンサーサイト
知多雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示