タウンサインの研究0069

2016年09月23日
 その小金井で遭遇したストリート名称サインをいくつか。画像クリックで拡大してご覧ください。

160923-3.jpg

 武蔵小金井駅北側の「Musako1番街」。一瞬意味が分からなかったが、ムサコ=ムサシコガネイの略らしい。地元だけでしか通用しない略称に出会うと「知らない町を旅してるなぁ~」という感慨が沸き上がる…のは僕だけ?

160923-1.jpg

 同じく駅北口の「仲通り商店街」。昔の色街の香りがする飲み屋街。フラッグに記された「ふれあい横丁」という文言と書体が、なんというかダサホッコリという感じで町の雰囲気に合っており、好感が持てます。

160923-2.jpg

 そして通りの突き当りには、ふれあいの場が。

160923-4.jpg

 駅南口に行くと、FC東京のフラッグがずらりと並ぶ「農工大通り」が。地元のランドマーク的な学校・工場が入った商店街名に出会うと「知らない町を旅してるなぁ~」という感慨が沸き上がる…のは僕だけ?
 それにしても小金井は新しいストリートサインばかりで、マニアにはいささか食い足りません。と思っていたら小金井を去る間際、南口から東に伸びる細い通りの奥に良品に遭遇。

160923-5.jpg

 アーチ状に配されたネオンが昭和的な「ジャノメ通り」。この先にかつてジャノメミシンの工場があったという話。
(まさ) 
スポンサーサイト
東京雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示