カンバンの手帖ブログ版0338

2016年08月30日
 八月アタマ、とある取材で二年ぶりに郡上八幡へ行ったついでに、時間調整で久々に市街地を徘徊。町歩き取材ではないのに酷暑の中を徘徊するなんて、我ながらマゾっぽい。

160830-1.jpg

 折しも郡上踊りシーズンで観光客もわんさか。自分だけでなく多くの人が、まるで亡者の集会のごとく炎天下をフラフラさまよっておりました。
 それにしても郡上八幡、来るたびにイイ感じの店が増えているような気がします。10年ちょっと前に岐阜や飛騨の観光ガイドブック制作に携わっていた頃は、掲載物件選定にも苦労すような有様だったのだが。昔ならば町歩きついでに新規店チェックをしたものだが、暑いのでそんな気力が湧きません。
 で、代わりにカンバンのチェックでも…。

160830-2.jpg

 新町にあったもと肉桂玉(ニッキ味の飴玉)製造元のカンバン。郡上八幡の肉桂玉といえば宗祇水近くの桜間見屋が有名ですが、かつては他にも何軒かあって郡上名物だった…のだろうか?
 その肉桂玉、一度だけ買ったことがありますが、なかなかどうも玄人好みの味で、お子様舌のわたくしにはにんともかんとも、という感じでした。それを「一粒心気清浄」とは、うまいことを言う。

160830-3.jpg

 新町の料理屋。裏口なのに立派すぎるカンバンが!

160830-5.jpg

 本町。食堂カンバンの見本のような一品。しかし、このラインナップでコーヒーとは!

160830-4.jpg

 旧庁舎記念館前の新橋に掲げられた、実に郡上らしい大会の告知横断幕。大会が開催できるほど青少年に友釣りが浸透しているというのが凄い。

160830-6.jpg

 そして釣りをする健全な青少年は、こんな遊びはしないでしょう。使われなくなったホース収納箱に貼られており、昭和50年代の遺物と思われます。
(まさ)
スポンサーサイト
中濃・東濃雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示