あやかしの隣人

2016年08月28日
 翌15日は南知多町豊浜の「須佐踊り」へ、来年取材するかもしれないのでそのためのプレ取材に行きました(ただの見物)。須佐は豊浜の旧名。踊りは江戸時代中期の元禄期創始といわれ、豊浜の東、西、中洲の三ヶ所で行われています。

160828-6.jpg

 一般的な盆踊りとは全く異なり、会場に響くのは生歌と太鼓だけで、曲はスローテンポのものが一つだけ。それを、数人の歌い手が交代しながら延々歌い継ぎ、踊り手たちも延々踊り続けます。僕が聴いていた限りでは曲の切れ目はなく、数時間にわたりループ状態。見ているだけで緩いトランスに陥り、たいへん情緒があります。
 歴史もあり雰囲気も素晴らしいのに文化財としては町指定にとどまり、地元もこの行事を宣伝しているようには見えないのが不思議です。
 まず、豊浜交差点すぐ南の豊浜西部の踊りを小一時間見物し、それから豊浜さかな広場近くの豊浜東部へ。 西も東も(あとで見に行った中洲も)、歌と踊りは傍から見ている分には差異はない感じです。
 ところが東部では、9時をすぎると風情ある雰囲気が一変。

160828-2.jpg

 奇妙な姿の物の怪たちが踊りの輪に続々と加わってきたのである!ここでも曲は途切れることなく、物の怪と言えどもゆったりした踊り方は同じ。恐ろしくシュールな光景に唖然、そして爆笑!まさしく亡者はクレイジー、電気グルーヴ「モノノケダンス」PVの実写版だ!
 地元の人に聞くと、恒例の仮装大会とのことでした。なるほど、こりゃ県クラス以上の文化財に指定している場合ではない。外向けに宣伝していないのは、おそらく7月の鯛まつり(→●□)に観光PRのすべてを傾注し、須佐おどりのほうは「観光客は呼ばずに地元だけで楽しもうゼ」ということではないかと推察されます。いやホント、楽しそう。

160828-3.jpg

 ところで、地元の人たちは、送り火の一種らしきことをしてから踊りに臨みます。
 西には二か所に祭壇が設けられており(二つの集落がある関係か)、うちひとつは喧騒から少し離れた船溜まり前に設えられた祭壇にお参り。実に漁師町らしい。

160828-4.jpg

 もうひとつの祭壇は踊り会場前。線香を立て、阿弥陀さんと「三界萬霊」の位牌に水を掛けて手を合わせます。ふたつとも、ラジカセから坊さんの読経テープがずーっと流れてて、踊りとはまた違った味わい深さ。

160828-5.jpg

 いっぽう東では、会場わきの水路のほとりで家族ごとに火を焚いておりました。
(まさ)

---------------------------------------
◎マルカドブックス
6冊更新しました。

0253ニック・メイソンの第二の人生(スティーブ・ハミルトン)→●□
0254日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか(矢部宏治)→●□
0256日本会議 戦前回帰への情念(山崎雅弘)→●□
0257旅人の表現術(角幡唯介)→●□
0258親なるもの 断崖(曽根富美子)→●□
0259おそ松さん(シタラマサコ)→●□
スポンサーサイト
知多雑 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
祭りフリークの私がいうのもなんなんですが、
祭りの宣伝はすればするほど、あの登山帽をかぶった
おじさんおばさんが集まります。
皆さん首から高級一眼デジカメをぶら下げていますね。
なにか使命意識みたいなのが沸き起こるんでしょうか、
常に前に前に、、。
そりゃ、いいアングルで撮りたいのは充分わかるんですけどね。
最悪なのは「神事」の最中に、入ってはいけない所に入って行っちゃって。
地元の人だけで密かに?楽しめばいいんです。
あまり(ほとんど)宣伝しない豊浜はえらい!
No title
完全同意です。呼び止めて振り向かせたりとか、ポーズ取らせたりとか、親にくっついて祭り見物に来ただけのウチのボウズまで撮ったりとか、まったくもって…。

管理者のみに表示