ユニチカ岡崎工場専用線の今昔

2016年08月16日
 トリエンナーレに行く前にサーティワンアイスクリームに寄るべく下車した北岡崎駅は、駅前の道は時々通るけれど下車するのはたぶん国鉄岡多線時代以来約30年ぶりと思います。

160816-1.jpg

 ホームも改札まわりも国鉄の匂いを感じさせます。どこが?と言われると、ベンチとか建材とか便所とかですかね…。
 地方都市の郊外と市街地の境目に位置する地味な地区の地味な高架駅の味わいがわかるようになったとき、息子よ、君も大人になったと認めよう。しかし、そんな大人にはならなくていいです。

160816-2.jpg

 外に出ると、かつてこの駅から分岐していたユニチカ専用線の高架橋の残骸がありました。
 実は一か月ほど前、たまたまユニチカ専用線廃線跡のそばを車で通りがかって工場付近を撮影しております。

160816-3.jpg

 いかにも廃線跡な感じでカーブを描く路盤の跡と、工場入口の川に架かっていた橋梁の跡が残存しています。周辺の地味な景観に溶け込み、なんとも地味、としか言いようがない。

160816-4.jpg

 しかし工場は配管剥き出しで、工場マニアならずともアガります。
 ここまでは前振り。わたくし、大学時代にこの界隈を自転車で徘徊した際、専用線を走る貨物列車にたまたま遭遇してたまたま撮影しておりました。以下、その時の写真。

160816-91.jpg
(1993.10.20撮影。以下同じ)

 愛環と並走する築堤区間を走る貨物列車。

160816-92.jpg

 橋の手前にはなんと人力で操作する踏切が!手動踏切の操作風景なんて後にも先にもここでしか見たことがない。

160816-93.jpg

 そして工場内に吸い込まれていった貨物列車。ホームと上屋、それに小型の黄色い機関車も見えます。
 いつかどこかで自慢しようと思っていたのだが、23年の時を経てようやく機会が訪れた。あースッキリ。
(まさ)
スポンサーサイト
西三河雑 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
蒲郡駅からの臨港線(竹島埠頭へ)
私には大変興味深い写真です。
(専用線廃止後の輸送に少々関っていましたもんで)
40年ほど前の経験ですが、手動踏切を操作していました(仕事で)。
現アピタ蒲郡店の北、JR蒲郡駅南の道路に上記専用線が横切っていました。
今、その痕跡は皆無?と思いますが。
自慢の写真あり?やも、スッキリしとくれんのんほい!
No title
蒲郡は引込線の残骸を目にした記憶はありますが、さすがに撮っておりません…。
それにしても手動踏切の操作をされていたというのは凄い!
No title
手動踏切、全国的にももう無いんでしょうか。
名鉄「神宮前」の踏切もかつては手動でした。
名鉄と国鉄東海道線!が並行してるんで、開かずの踏切でした。
名鉄と国鉄それぞれおじさんが開け閉めしてたと思います。
名鉄と国鉄の間に少し空地(狭い)があり、名鉄側の踏切が上がって
、踏切内に入ると国鉄側が閉まって取り残され怖い思いをしましたね。
向こうが閉まってると、半分くらいあげるので自転車で無理に入ろうとすると、おじさんに怒鳴りまくられました。
数年前から閉鎖になり跨道橋を新設しています。今年中にできるのかな?
古い跨道橋があるけど撤去されるようです。なかなか趣のある鉄橋なんで、
今のうちに写真撮っとかないと、、、。
No title
そういえばそうでしたね。あの踏切は面白かった。廃止前年にカメラマンと取材に行きました。

管理者のみに表示
« O・S・O | HOME | ART & SUGAKIYA »