カンバンの手帖ブログ版0331

2016年05月04日
 その気賀市街地で発見した、知多関係のカンバンを二つ。

160503-1.jpg

 半田市亀崎に20年ほど前まであった酒・味噌の蔵元、伊東合資の「敷島」。
 旧引佐郡では敷島のカンバンをよく見かけ、今は銘柄委譲により安城の神杉酒造で醸造されている敷島の一升瓶が置いてある酒屋もあります。むかしどこかの酒屋で聞いた話では、豊橋に敷島を扱っていた有力な卸売業者があり、こちらのほうまで営業範囲にしていたとかなんとか。

160503-2.jpg

 INAX(LIXIL)の旧名、伊奈製陶時代のカンバン。これは初見、レアな一品!お膝元の知多半島では見たことがない。
もう一つ二つ知多モノがあれば知多のローカル媒体向け原稿にするところですが、そう都合よくネタは見つかりませんで…。
(まさ)
スポンサーサイト
遠州雑 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
敷嶋の看板で
敷嶋の看板で 思い出したのですが

愛知県東海市加木屋町内に
「敷嶋」の 看板を掲げていた酒屋さん

先月中頃に前を通ったら"更地"に
なっていました

残念です (>_<)
No title
ありゃー。酒屋も減る一方ですからね…。

管理者のみに表示