街灯に残されたGINZA

2016年04月20日
 そう50号連動ネタの「ローカル銀座考」シリーズ。いよいよ真打登場、本誌お膝元の豊橋銀座でございます。
 豊橋銀座については以前も書きましたが、改めてそもそもどこなのかと言いますと、神明町の北端、新川交差点から向山アピタに通じる大きい道の一本北側になります。メインストリートからやや外れた位置にあるため、市民の認知度もあまり高くなかったと思われ、60代の豊橋市民すらも「豊橋に銀座なんてあったかのん?ホイ」と言うほど。ホイは言ってませんが。
 名前こそ仰々しいですが、国道で分断されていることもあって繁華街の一翼を担っていたとは言いづらく、市街東部地区住民の買い物先という位置付けだった、てなことを聞いています。そして現在は、三遠南信ではおそらくもっとも現役商店が少ない銀座でしょう。ある商店主に聞いたところ、4軒とかなんとか…。

160419-3.jpg

 そんなところが「銀座」とはよう言うた、という感じですが、なぜ銀座を名乗ったかと言えばズバリ、豊橋には他に銀座がなかったからです。先に挙げたローカル銀座4原則のひとつ「早い者勝ち」ですね(→●□)。
 豊橋銀座は来歴がはっきりしており、商店街組織の「豊橋銀座発展会」が発足した昭和23年9月16日に誕生しました。もとは、戦時中まで近隣に存在した劇場の名前から「松竹館通り」と呼ばれていたのですが、戦災復興の機運の中でドーン!と改称したのです。
 昭和29年にはネオン街路灯が設置され、開通式が行われています。また、昭和31年には映画館「銀座東映」が開業しています。

160419-6.jpg

 左の道を入ったところが銀座東映の跡地。新川交差点の北東、豊橋フロントビルの真裏になります。平成12年までやっていたようですが、僕が愛大生だった90年代前半には成人映画館になってました。

160419-8.jpg

 商店街の連合団体である「豊橋発展会連盟」が昭和55年に刊行した記念誌「三十年の歩み」に、刊行時に存在したたぶんほぼすべての商店街組織が掲載されているのですが、「銀座通り発展会」の項目には次のように書かれています。

この発展会は昭和32、33、35年の豊橋まつりに元禄風仮装に山車或は、大型トラックを繰り出しての参加の頃が最も充実した時期であった。
年1回の旅行、海水浴、大売出し、特価販売にと種々の催しも行い販促に智恵をしぼったものであるが、道路事情、大型店、スーパーの進出、駐車場問題等のため有力店舗外相次いで転出、数軒の専門店を残し奥様商売となってしまった。現在は対応策もなく、街路灯の維持管理と親睦を目的とした名だけの発展会である。

(原文ママ)

 うーむ、実に正直な記述である。ローカル銀座4原則のひとつ「短命」を見事に証明しています。
 興味深いのが、ここに書かれている 「街路灯の維持管理」が今も生きていることです。2008年には→●□だった街灯が、上の写真のようになんと新しくなっていたのには驚いた。
 商店街としては機能していなくても、街灯さえあればストリート名称が残る可能性もある、というわけです。

160419-7.jpg
参考資料。昭和31年9月28日付「豊橋新聞」より、銀座東映オープンの広告のコピー。クリックで拡大して、ストリート名称をお楽しみください。

160419-9.jpg(1996.01.22)
オマケ、銀座東映入口にあったアーチ。ポルノ映画館だったので外観はさすがに気が引けて撮っておらず…。ちなみに右下にみえる手描きカンバンの映画タイトルは「いけにえ個人授業」「制服半熟いじり」「剃毛教室脱がせて!!」。
(まさ)

160313-2.jpg
スポンサーサイト
東三河雑 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
もっと考証を
元々、全国にある銀座という地名は銀貨鋳造所があるところに名付けられました。豊橋でも、広小路2丁目に吉田天満宮があり、そこが吉田の銭座跡となって居ます。それに由来して、命名されています。
No title
 ご指摘ありがとうございます。
 私としては、豊橋の銀座通りは鋳銭所とは無関係に命名された可能性が高いと考えています(他のほとんどのローカル銀座も同様)。
 以下、豊橋銀座についてその理由です。

・鋳銭所のあった場所(天満宮)は隣町の旧新銭町である(神明町にあったのは神明社)。 歴史のある新銭町を差し置いて、大通り(現R259)を挟んだ神明町の商店街が鋳銭所由来で組織名に銀座を採用することがあるかどうか?
・吉田藩の鋳銭所は江戸時代初期の短期間にしかなく、かつ、そこが「銀座」とは呼ばれていなかった。

 いかがでしょうか。
 銀座通りの命名者が鋳銭所を念頭に置いていた可能性は否定できませんが、仮にそうだとしても「近くにあるから」程度の認識で、ほぼこじつけではないかと。
 もし、命名理由を明確にした資料を御存知でしたら、ご教示いただけると幸いです。

管理者のみに表示