恋のアーケード0036

2016年04月13日
 話は岡崎市街に戻りますが、岡崎の中心市街地には唯一、本町三丁目に歩道アーケードが残っており、いい味わいになっております。

160412-1.jpg

 昔はここに限らず銀座、東康生、伝馬1、明大寺など道幅の広い主だった商店街にはほとんどアーケードが連なっていたそうで、さぞや壮観だったことでしょう。
 新編岡崎市史によると、岡崎の近代的アーケードは昭和27年に街路テントを設置した銀座が嚆矢で、それに刺激を受けた東康生が翌28年に鉄製アーケードを設置し、以後アーケードがバンバンできたとのこと。この本町三丁目は昭和31年に設置され、どうやらその当時の設備が今も使われているらしい。だとしたら登録文化財レベルではないか?

160412-5.jpg

 角部分の美しさたるや、悶絶級である。
 あと岡崎のアーケードといえばもうひとつ、昔は花街で戦後「松応寺盛り場商店街」を名乗った松本町の松応寺門前に有名物件があります。

160412-2.jpg

 木造!悶絶!
(まさ)

-------------------------------
◎マルカドブックス
告知洩れも含めて8冊更新しました。

0216 偽りの楽園(トム・ロブ・スミス)→●□
0217 私家版 差別語辞典(上原善広)→●□
0218 罪悪(フェルディナント・フォン・シーラッハ)→●□
0219 感じる言葉 オノマトペ(小野正弘)→●□
0220 日本売春史(小谷野敦)→●□
0221 奇妙なアメリカ 神と正義のミュージアム(矢口祐人)→●□
0222 d design travel GIFU(D&DEPARTMENT PROJECT)→●□
番外 古地図で楽しむ三河(松岡敬二編)→●□
スポンサーサイト
西三河雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示