さらば福岡線

2016年04月12日
 3月末で廃線跡転用の名鉄バス福岡線が廃止になるというので、先月下旬に何回か沿線を徘徊してみました。

160411-7.jpg

 昭和37年に廃止された名鉄福岡線(岡崎駅前-福岡町)の路盤をバス専用道にしたマニアックな路線です。世間的にはマイナーですが一部好事家には名が知られており、中日新聞にも記事が載っていたためか、最後の日曜や最終日にはマニアや親子連れがたくさん来ておりました。

160411-1.jpg

 その親子の一組がウチである。2キロちょっとしかないのでやや乗り足りないようではありましたが、4歳児もそれなりに堪能しておられた。

160411-8.jpg

 久々にめぐって驚いたのは西若松の変貌っぷり。たしか昔は停留所の周囲は田んぼでかなりの田舎風情が漂っていたと思ったのだが、20数年も経つと住宅がバンバン建っており、今も宅地化が進行中。

160411-3.jpg
(1992.05.06)

 20数年前は鉄道時代からのものと思われる木造の待合所が残っておりました。右に見える桜の木は、廃止の数週間前に伐採されたと中日の西三河版に載っていました。

160411-4.jpg
(1992.05.06)

 中には駅名標の残骸も。
 岡崎駅前の区画整理はほぼ完了したし、福岡線の廃止とともに岡崎南部の昭和が完全に終焉を迎えたような感じです。
(まさ)
スポンサーサイト
西三河雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示