タウンサインの研究0066

2016年03月29日
 前回の続きで挙母。
 銀座通りともに中心商店街の一翼を担っていた旧中町=現桜町の現況がこちら。

160329-1.jpg

 中町が桜町になったのは、昭和34年に挙母市が豊田市に改称した際に豊田市全域で行われた町名整理のときです。江戸時代初期の「桜城」(挙母城の前身。近くに隅櫓の石垣が残る)が由来でしょう。別に中町でも問題なさそうだが、豊田市になったことだし心機一転、パーッとご陽気にまいりましょう~!ってな感じか。
 桜町のうち「桜町本通り商店街」になっているのは東半分で、松平への旧街道筋になり、かつ挙母神社の門前町でもあります。ここには昭和35年から昭和60年まで全覆型アーケードがありました。

160329-3.jpg

 ストリート写真はパッとしないふうに見えてしましますが、フラッグやサインはしっかりしており、商店街活動もけっこう活発ぽい。道幅も適度で、割と昔の商店街の名残を留めていると言えましょう。

160328-1.jpg

 対して名古屋への街道筋にあたる西側(桜町1丁目)は、今では商店街の体を成していません。街灯には「西桜町」のプレートが取り付けられており、「ウチと桜町本通りは別ストリート」と宣言しています。
 駅前通り(喜多町)と桜町の間にある神明町も古くは商店密集地だったようなのですが、こちらも昔日の痕跡をまるで留めていません。

160327-3.jpg

 市名改称時の町名整理では、中町のほかに北町もご陽気な感じで「喜多町」に改称しました。このうち、竹生町に接続する飯田街道沿いの喜多町三丁目は、今では「ひまわり通り商店街」という名称になっています(ひまわりは市の花)。なんというか、ノー天気な感じで嫌いじゃない。

160327-5.jpg

 でもって駅前通りでは北側の再開発が進行中(直前の様子はこちら→●□)。
 豊田市街は、昭和の終わりから今に至るまで延々とスクラップアンドビルドを続けている印象があります。いったいいつになったら風景が落ち着くのだろうか。
(まさ)
スポンサーサイト
西三河雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示