緊急HINOMI速報

2016年03月02日
 昨日、東浦町藤江の国道247号沿いに立つ火の見櫓の前を通りかかったところ、脚元になにやら看板が。車を停めて見てみると、なんと火の見櫓の撤去告知で、愕然。しかも藤江だけでなく、緒川と森岡のHINOMIも!森岡と藤江が3/14or15、緒川が16とのことなので、未見のHINOMISTの皆さんはお急ぎください。

160302-1.jpg

 藤江のHINOMIである。未舗装の駐車場の一角に電話ボックスと並んで立ってているという、珍しい(?)ロケーションでした。

160302-2.jpg

 緒川のHINOMIである。町の真ん中の交差点角という非常に目立つロケーションでした。

160302-3.jpg

 しかも刈谷の鉄工所の銘板つき。刈谷には火の見櫓が一基もないので、われわれ西三河サイドから見ても貴重だったのに…。この銘板、ぜひ刈谷市郷土資料館が引き取ってほしい。

160302-5.jpg(2012.09.30撮影)

 そして森岡のHINOMIである。今年はもう村木神社の祭礼(おまんと)の行列とセットでは拝めないのである。

160302-4.jpg

 3基まとめて撤去されるのに、なぜか生路のHINOMIが撤去されるという案内はなかったので、もう少し生き延びるのか?ちなみに東浦町内では、石浜が数年前に撤去済み。緒川新田も県道55号バイパス工事に伴い撤去されたようです。
(まさ)

-------------------------------
◎マルカドブックス
3冊更新しました。
0213本にだって雄と雌があります(小田雅久仁)→●□
0214青線 売春の記憶を刻む旅(八木澤高明)→●□
0215奇跡の村 地方は「人」で再生する(相川俊英)→●□
スポンサーサイト
知多雑 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
同報無線のスピーカーと地元消防団のホース干しくらいしか
利用されていない状態では、いつか撤去という話が持ち上がるのは
致し方ないというか当然かも。
東浦の火の見は割といい形のものが多く
撤去は残念ではあります。

出来たら撤去を見に行きたいけど。

平成21年
稲沢市島町の火の見撤去の様子です。

http://homepage2.nifty.com/kotenma/simatyou.htm

偶然ですが(ずーーっと更新してないだけ)私のサイトのトップ画像は
森岡のものです。

プロバイダー(Nifty)が9月にホームページサービスを終了するので
移転しろと言ってきたので、どうしようかと迷っています。
ほとんど更新もしてないし、誰も見に来てないようだし、、、。
No title
14日にまず森岡を撤去し、引き続き藤江に移動して撤去というスケジュールのようです。時間は書いてありませんでしたが、1日で2基撤去となると森岡は午前中と思われます。

HPの移転や再構築は考えるだけで面倒ですよね…。閉鎖した僕が「続けてほしい」とも言えませんが、ブログはぜひ継続していただきたいです。

管理者のみに表示