近代四日市の遺品2題

2016年02月06日
 4歳児とさまよう公園シリーズ。
 あすなろう鉄道と一番街商店が幼児の心をいまひとつ掴まないままでは申し訳ないので、身体を動かしていただくべく、アーケードの近くにある諏訪公園に行ってみました。するとここにもマニアックなものを発見。

160206-1.jpg

 おお、見事な記念碑だ。しかも登れるようになっている。4歳児も思わず駆け出して登り始めた!

160206-2.jpg

 なんの碑かと思って刻まれた文字を見て驚いた。昭和9年に建立された「五箇条の御誓文」だったのである。かつて同じものを半田の乙川白山公園で見つけてたまげたことがありましたが(→●□)、あれとほぼ同じ形状なので二重の驚きです。
 五箇条の御誓文は「明治天皇が宣布した明治新政の五個条の基本的国是」(広辞苑第一版第十八刷)で、以下が細長い五角柱に刻まれています。

広く会議を興し万機公論に決すべし
上下心を一にして盛に経綸を行なうべし
智識を世界に求め大に皇基を振基すべし
宣武一途庶民に至る迄各其志を遂げ人心をして倦まさらしめんことを要す
旧来の陋智を破り天地の公道に基くべし


160206-3.jpg

 菊の御紋の下には勾玉で囲った「弥栄」「あな明けおけ」「あな面白」「あな手伸し」「天晴」の文字も。乙川の御誓文碑は一部が劣化していましたが、こちらは状態が素晴らしい。これが岡崎製だったら原稿ネタ一本確保!というところだけど、製造者銘は見当たらず。

160206-4.jpg

 園内には「すわ交流館」という見事な近代建築のもと図書館もありました。テラコッタに覆われた建物じたいもさることながら、正面上部にあしらわれたレリーフが目を引いた。

160206-6.jpg

 なんだかソ連ぽいのである。2588はなにかと思えば、起工年の皇紀2588年(昭和3年)とのこと。
 またもやマニア物件チェックに夢中になり4歳児には申し訳ない限りですが、遊具で遊んで芝生で父とおすもうをとって隣接の諏訪神社でおみくじを引いたら彼も満足したようで、あとはおとなしく帰ったのでした。 
(まさ)
スポンサーサイト
三重雑 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
こういうテーマに食いつくと、極めて残念なことですが、
「右寄り」な人と思われてしまうことがあります。
最初に言っておきます。
私は右でも左でもありませんので、、、。

私も去年行った三重県桑名市で、「五箇条の御誓文」の石碑みつけました。
桑名から出てる三岐鉄道北勢線沿いに二か所。
在良(ありよし)小学校と七和(ななわ)小学校。
たぶん同じ寄付者と思います。

三重県のあのあたりにそういった気質というか流れ?があったんでしょうか。
皇紀表記といい、なにか訳がありそうですね。
たしか他にも見たんだけど、、、。最近記憶がどうも、、。

私のサイトの七和小学校のページです。

http://kinjiro.a.la9.jp/nanawa.htm
No title
北勢に限らずこの時期は全国的にそんな空気だったと思います。同じような石造物があるのは、岡崎の石材業者が金次郎像を普及させたように、仕掛人がいるとか…。

僕は幸いというか、この手のネタを取り上げて右呼ばわりされたことはないです。ただの石マニアと見抜かれているのでしょうか。

管理者のみに表示