カンバンの手帖ブログ版0327

2016年01月28日
 先々週の日曜、4歳児がなぜか突然「名古屋城に行きたい」と言い出したので、久し振りに行ってみました。築城100年で盛り上がった2010年に、なにかの取材で来て以来だと思います。

160128-1.jpg

 来てはみたものの、わたくしは城にはさほど興味はなく、4歳児も天守閣じたいにはそれほど感銘を受けた様子はない。どうやら天守閣最上階から風景を眺めたかっただけのようです。何とかと煙は高いところが好きなどと申しますか、父の資質をしっかりと受け継いでおり困ったもんだ。

160128-4.jpg

 4歳児が最も興奮した東側の眺め。よりによってこっち側とは、我が子ながらマニアックにも程がある。「おとうさん、あんなところにせんろがみえるよ!と叫ぶので「ハァ?」と思ってよく見ると、瀬戸電の高架区間が!おお、すごいぞ息子よ!とか言ってる場合ではない。
 そんな話はどうでもよくて(以下のネタもどうでもいいけど)、城を出て能楽堂の前を経由して丸の内駅まで歩き地下鉄に乗ろうとしたところ、エスカレーターにこのような標示を発見。

160128-2.jpg

 なかなか斬新な人間デザインではないかと思います。

160128-3.jpg

 下りたところは表示過多。なにも頭に入ってこないぞ!
 う~ん、どうでもいい。
(まさ)
スポンサーサイト
名古屋雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示