大成田大佐倉大印旛

2016年01月18日
 正月の千葉遠征の続き。
 嫁は取材のため一足先に1/3の朝に帰ってしまい、その午後、4歳児と二人で出かけることにしました。しかし正月、二日の初詣を拒絶した4歳児は、そう簡単には動いてくれない。東京のシブい商店街歩きにはもう乗ってこないだろう。そこで「スカイアクセスに乗って成田空港に行って、飛行機を見に行こう!」と誘うと、半ば渋々の表情で「いいヨ」と。
 そんなわけでやって来ました成田空港。4歳児はそれなりに乗り物好きなので、それなりに楽しんでいる模様。やれやれ。

160115-1.jpg

  ところがわずか15分ほどで飽きてしまい「もうかえろうヨ」。うーむ、乗ったことのない飛行機にはあまり興をそそられなかったらしい。
 僕はこのあと、成田空港の先に通じているマイナー路線「芝山鉄道」に乗ろうと目論んでおり、その対策として空港グッズショップで「飛行機&空港で働くクルマ」セットを正月大サービスで買ってやったりしたのだが、4歳児は「かえるかえるかえりた~い!」の一点張り。仕方ないので芝山鉄道は諦めて、かといってスカイアクセスで北総線方面にすんなり帰るのもイヤなので、京成本線に乗車。4歳児は乗ったとたんに寝てしまった。

160115-2.jpg

 30分ほど電車に揺られ、外の冷気で目を覚ました4歳児、「ここどこ?」。
 えー、ここは京成電鉄でもっとも田舎風情が香る大佐倉駅でございます。地図を見てその辺鄙さに魅かれ、前から下りてみたかったのだ。「いやー、ごめんごめん。おとうさん、京成佐倉駅で下りるつもりが間違えちゃったよ~」と白々しい嘘に4歳児は「ハァ~?」。

160115-3.jpg

 歩くのも渋る4歳児を何とか説き伏せて、駅の周りを一緒にひと歩き。北総らしい丘陵地の農村で、実に地味であった。

160115-4.jpg

 1時間弱の滞在でふたたび京成に乗り込んで京成佐倉駅で下車。ここで印旛日本医大駅前行きのバスに乗り継いで、北総線方面に戻ったのでした。バスは結構楽しかったらしく、先頭座席に陣取り終点まで北総のローカルな景色を満喫してござった。
 しかし4歳も後半になると親の意向を受け入れなくなってきて、困ったものである。
(まさ)
スポンサーサイト
千葉雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示