カンバンの手帖ブログ版0322

2015年12月28日
 昨日の続き。
 昨日の一枚目の松飾りの斜め向かい、本町四丁目の端に小さな稲荷社がありまして、その申し訳程度の境内にベンチの逸品を発見。

151228-1.jpg

 下伊那唯一の酒、喜久水(→●□)のベンチだ!ホーローカンバンのサイズに合わせてベンチを作ったのか、背もたれに広告を取り付けたのかどちらかよくわからないけれど、こんなドハデなベンチはなかなかなかろう。向かいがもと酒蔵と思しき酒屋さんなので、そこの寄進かもしれません。

151228-2.jpg

 しかも二つも!おまけに年代物の滑り台まで!ベンチも滑り台も使う人がいなそうな風情の境内ではありますが…。

151228-3.jpg

 稲荷社の隣には昭和な感じのケーキ屋さんがあり、歩道のビニール屋根の脚にも松飾りが括りつけられておりました。飯田はこうしたハイレベルの小アイテムが三河遠州に比べて多く、たまに行くとアガる。
(まさ)
スポンサーサイト
伊那谷雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示