スーパーマンボウ

2015年12月08日
 前回の続きで東紀州。

151208-5.jpg

 紀伊長島はマンボウが町のシンボルになっており(→●□)、今ごろからシーズンになります。
 シーズンと言ってもマンボウ漁というものはなく、網にたまたま引っ掛かったものがたまに水揚げされ、足が非常に速いのでほとんど地元でしか出回らないとか。味はほぼないと言っていいほど超淡白で、決して「激ウマ!」というものでもないので、名物を謳う地元以外ではおそらく需要もないでしょう。味よりも、クニュコリサクッ、とした食感を楽しむ魚です。ライターとは思えない食表現しかできなくてどうもスイマセン。
 で、時期的にもうそろそろあるんじゃないかなと思って取材依頼のとき何軒かに聞いてみたところ、「今年はまだですね」という返事の連発。ところが現地に行ってみたところ前日くらいに水揚げがあったそうで、幸運なことに尾鷲の飲食店でも紀北町の宿でも出してもらえました。

151208-2.jpg

 もっともスタンダードらしい食べ方、酢味噌あえである。イカっぽいけどマンボウ。

151208-4.jpg

 宿ではしゃぶしゃぶ風に湯がいてポン酢で。イカっぽいけどマンボウなのである。食感重視のわたくしには大変美味でございました。
 聞けばスーパーにも並ぶってんで仕事の合間に尾鷲のチェーンに行ってみたところ、鮮魚コーナーにコワタ(内臓)がどっさり置いてあって驚いた。

151208-1.jpg

 鶏のささみか豚肉っぽいけどマンボウなのである。珍魚が普通に売っているとは、さすが地元。
 買って帰り家でさっそく湯引き&焼いてポン酢で食べると、クニュコリサクッとした食感がまたなんとも。自分が東紀州在住だったら頻繁に買いそう。

151208-3.jpg

 ところでこの店の名前が凄い。紀伊長島や海山にもあった。ネットでちょいと検索したところ店名に歴史的背景が有る模様。
(まさ)

------------------------------------
◎マルカドブックス
2冊更新しました。
0190ネットと愛国(安田浩一)→●□
0191パーク・ライフ(吉田修一)→●□
スポンサーサイト
三重雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示