カンバンの手帖ブログ版0319

2015年11月30日
 先日、とある取材で三河の旧東海道を部分的にめぐり(車で)、その途上で7、8年ぶりに本宿の法蔵寺に寄ってみました。家康ゆかりの寺です。どうゆかりがあるかは各自お調べください。
 今年は家康没後400年ですが(→●□)、特に観光PR的な何かをしているふうではなく、至って平穏。

1511130-1.jpg

 法蔵寺はこのように、ちょっと間延びした参道の風景が「昔のデカイ寺」な風情を醸し出していて、味わい深いようなそうでないような、ちょっとモヤっとした気持ちにさせてくれます。赤い橋の手前のボテっとした燈籠がまたなんとも安穏というか。江戸時代後期に尾張藩士の高力猿猴庵が著した「東街便覧図略」という東海道スケッチ紀行のような書物にも、法蔵寺の絵の中に同形状の「ぼってり燈籠」が描かれており、安穏感は昔からのようです。
 彫刻とか建造物とか近藤勇の首塚と伝わる塚とかいろいろ見どころが多いですがそこらへんは各自調べていただくとしまして、境内で僕の目を引いたのはこちら。

1511130-2.jpg

 有名社寺でよく見かける火気厳禁カンバンだ!禁止と言いながらこの控えめな書体が実にいい。背後の壁と同化しつつある色もまたいい感じだ。
 文化財を有する社寺の火気厳禁カンバンもちょくちょく撮っているので、一度をまとめてみると、もしかしたら何か見えてくるかもしれません(何も見えてこないかもしれません)。

1511130-3.jpg

 ところで法蔵寺は三河新四国の35番札所になっており(御朱印もらうのが立ち寄った理由)、一昨年の再興50周年の幟がまだ出ていた。社寺幟に緑を使うとは、スポンサーの愛知屋(知立の仏壇屋)も思い切ったが、イタリア国旗みたいな並びになってて案外悪くないですね。

1511130-4.jpg

 あとオマケ。寺から旧東海道を西へ少し行くと、例によってHINOMIが!最近、岡崎市内のHINOMIも少しずつ撤去の動きがあるようですが、本宿の火の見櫓(→●□)は健在でなにより。
(まさ)
スポンサーサイト
西三河雑 | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
No title
法蔵寺は三河新四国、三河准四国で何度も訪れています
東海道も歩いて本宿など訪れています

岡崎は良いですね

歩くとつくずく そう思います
No title
考えてみるとわたくし、町や集落単位では端から端までだいたい歩いているけど、旧東海道として通しで歩いたことってほとんどないかも…。
No title
本宿の火の見、まだありますね。
あそこ好きです。
東海道沿いで旧家があって。
あーいうの保存しないと。
岡崎豊橋方面へ一号線で行く時は
時々知立の御林から旧東海道に入って
行きます。
旧道は面白いですね。
安城市 野池の「濱碇(はまいかり)」
の石像群なんか興味をひかれます。
No title
このHINOMIの向かいにむかし「アイチみそ・アイチしょうゆ」の蔵があり、もっといい味わいでした。でも本宿はまだけっこう雰囲気をとどめており、いいですね。
野池の「濱碇(はまいかり)」 の石像群は知りません。ぜひご教示ください。安城出身の濱碇という力士がいたという話は聞いたことがあるけど…。
No title
あ、そうでしたね。いい感じの建物があったけど、いつの間にか
無くなってました。
本宿もそうですが、藤川あたりも意識的かどうかわかりませんが
街並み保存してるようですね。たしか火の見もまだ残ってるはずだし。

山中(舞木)八幡宮は、以前行きましたが、家康にとってはあまり
印象良くないというか、隠しときたい場所じゃないのかなー。
鎮守の森の社といった感じでいい雰囲気でした。

「濱碇(はまいかり)」 の石碑は、ストリートビューで見たら
安城市里町4丁目7−39 でした。
「濱碇」で検索すると、けっこう面白いですよ。相撲を廃業して薬屋を始めて今でもその子孫が薬局をやってるようですし。
ストビューでアップしたら 濱碇の石像の顔にモザイクが、、、。
どうして?
やはり力士でしたか。ハマイカリ薬局は安城駅前通り、碧信本店の近くにあります。

管理者のみに表示