上地ミステリアスドールズ

2015年11月07日
 続いて日曜日には、岡崎南部の上地八幡宮例大祭に行ってみました。上地は幸田町と境界を接する地区で、東海道本線の線路際に神社があります。少し前に仕事の関係で上地界隈をウロウロしたとき初めて参拝し、境内に掲示されていた祭りのポスターを見て来てみた次第。
 何が目玉の祭りなのか、予備知識がまったくない状態での見物ですが、上地地区は大規模な区画整理による新興住宅地も含んでいるためか、参加者も参拝者もけっこう多くて驚いた。

151107-6.jpg

 祭神は弓の神様ということで、境内には「福弓」コーナーが設けられており、子供たちの注目の的に(4歳児含む)。三回射り当たった回数によってもらえるお守りのグレードが変わるという趣向で、試しにやってみたら一回も当たらず、小さな小判状のお守りをいただいた。
 氏子の和太鼓チームの奉納演奏を見たり、通過する列車を眺めたりしていると、4時ごろに参道のほうが騒がしくなってきた。

151107-7.jpg

 何かと思えば、太鼓を担いでドンドコ打ち鳴らしならの練り込みだった。しかも櫓の上には指揮者?先頭誘導員?なんというのかわからないけれど二人の女性が立っている!東京の御輿みたいで、このあたりでは他に見た記憶がありません。威勢がいいねェ。

151107-3.jpg

 若い衆による担ぎ太鼓が境内を一回りして盛り上がった後、境内に入ってきたのは提灯をぶら下げた屋台、宝船、そして御所車。こちらは年齢の髙い氏子らに曳かれております。聞けばまだ歴史が浅く、20年前に提灯屋台の奉納から始まって、それだけでは寂しいからと後に宝船、御所車が加わったとのこと。
 提灯屋台の中をのぞいてみると、不思議な人形が鎮座していて、のけぞった。

151107-4.jpg

 ええッ!?だ、誰!?

151107-5.jpg

 そして御所車の中には手作り感あふれる姫が!
 なんだかよくわからないけれど、担ぎ太鼓のハイテンションと人形が醸し出す不思議な雰囲気とがあいまって、なかなか面白かったです。
(まさ)
スポンサーサイト
西三河雑 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
No title
人がいっぱい来る祭りより、こんな誰も知らない祭り、いいですね。
祭りの始まりや成り立ちはまさにそれぞれで、実に面白いです。
不思議な人形は「仙台四朗」ですね。
No title
上地八幡宮の例大祭、愛知県では珍しい威勢の良い御神輿ですね。
いくつか神輿がでますが、写真が載っている担ぎ太鼓が一番好きです。
好きなので毎年見に行っています。

似たような写真を撮っていますね。
どこかでお会いしたかもです。
No title
すぎやまさん
へえー、仙台四朗!初めて知りました。しかしなんでまた上地の祭礼の屋台に?ちょっと探ってみます。
No title
明るい朝さん
貴殿のブログの「●環燈会の山車」の一枚目に写っている赤いジャンパーが僕で、その横のおんぶ姿が妻子です。そのうちどこかでお会いしそうですので、それらしき風貌の者がウロウロしていたら声を掛けてください。
ちなみにうちの4歳児、太鼓好きなのに人が多いと気後れするタイプで、せっかくの應鼓の体験タイムも逃げて行きやがりました。

管理者のみに表示