家から車で1分のキャンプ場

2015年11月02日
 先週の日月、友人家族と揖斐川町の実家至近の「粕川オートキャンプ場」(→●□)でキャンプしてみました。地元にキャンプ場なんぞができて確か20年ちょっと、昔は「いらんもん作りよって」と思っていたのに、まさかここでキャンプを楽しむ日が来ようとは…。
 夏場は大混雑しているので近付いたことがないですが、さすがに秋も深まってくるとガラガラでした。

151101-2.jpg

 しかしこの日は、天が「今日から晩秋になりました」と宣言したかのような寒さ。粕川上流からは強い風が吹き下ろしてテントやタープをバザバサ揺らす。あまりに寒いので実家に追加の毛布を取りに行ったところ、父に「もうみんな引き上げて家で寝たらどうや」と言われた。苦労してテントを立たのにそんな間抜けなことはしません。
 うちの村は南側に池田山がそびえていることもあって日照時間が短く、町内の平野部より通年寒いのだが、なんというか、我が地元の実力(負の)をまざまざと見せつけられた気分です。そして、碧海台地の温暖な気候に感謝したのであった。

151101-1.jpg

 しかし、夜が明けて7時半を過ぎたら、日が照ってきて風もやみ、だんだん暑くなってきた。この寒暖差は高冷地野菜の栽培に最適なのでは。誰も作ってませんが。
 それにしてもなかなか新鮮な体験でした。
(まさ)
スポンサーサイト
岐阜中部・西濃雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示