中山太鼓と4歳児

2015年10月30日
 もう二週間前になりますが、恵那市串原の中山神社の祭礼に、三年ぶりに行ってみました。山奥にある神社の境内で、大勢のひとが代わる代わる太鼓を打ち続けるという、ひたすらアッパーな祭りです。詳しくは6年前のこちらこちらの記事→●□
 三年前には、当時1歳児を連れていったところかなり楽しんでおり(→●□)、すっかり太鼓好きに成長した今回はどこまで盛り上がってくれるかと期待していたのだが…。

151030-2.jpg

 大人数と大音量にすっかり気圧されて、まるでノリが悪いではないか。

151030-1.jpg

 母はドコドコ打ってるのに、服の裾にしがみついてバチを持とうともしないのである。

151030-3.jpg

 最後は太鼓の輪に近付かず、遠巻きに眺めるのみであった。うーむ。
 今のところ中山太鼓には三年周期で来ているので、小学生になる三年後に連れてきて、ボウズがどう出るか確かめたいと思います。
(まさ)

------------------------------------
◎マルカドブックス
2冊更新しました。
0177 鉄道忌避伝説の謎(青木栄一)→●□
0178 池上彰・森達也のこれだけは知っておきたいマスコミの大問題→●□
スポンサーサイト
中濃・東濃雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示