爆竹オンザ旧東海道

2015年10月11日
 先週の日曜日、嫁の取材に同行して豊橋の岩屋・飯村方面の祭礼へ。

151010-4.jpg

 自分の取材じゃないので詳しいことはわかりませんが「座布団みこし」なる祭礼だそうです。これをかついで旧東海道を練り歩いてました。
 豊橋の祭りといえばやたらと爆竹を鳴らしまくるという風習がありまして、久しぶりに間近でそれを味わいました。

151010-1.jpg

 この地区では爆竹担当は小学生の女の子。さすが豊橋っ子、鍛えられております。また、後始末担当の女性がおり、ほうきとちりとりを持ってはぜた爆竹を回収しておられた。

151010-3.jpg

 旧東海道と東三河環状線の交差点の真ん中で、神輿が躍るわ爆竹は破裂するわで、実に豊橋らしい光景である。
 四歳児は、神輿と笛太鼓にはノリノリだったが、やはり爆竹にはびびりまくりで「意味わからん」てな表情で呆然としていた。息子よ、おとうさんも東三河のこの奇習は意味わからんのだよ…。
 去年、小坂井の菟足神社で手筒花火を見たときは怖くて泣いていたけど、泣かなかった分だけ成長したのかな?
(まさ)
スポンサーサイト
東三河雑 | Comments(3) | Trackback(0)
Comment
東三河の爆竹
なんスかねぇ。中国の真似ではなく、花火を中心とする火薬文化の一部だとぼくは思ってるんですが、由緒あるおまつりでは、爆竹やらないか否定的ですよね。二川で爆竹やるとなぐられそうです。ちなみにこのふとん、ぼくは小豆島でみました。あちらは山車ではなく、神輿でしたが。
No title
豊橋で爆竹を鳴らさない地区があったとは驚きです。
ここの座布団神輿は、隣接する岩西(岩屋・西口)の大山津美神社の祭礼から派生したもので、もとを辿ると、岩西大山津美神社の祖である愛媛県大三島の大山祇神社で行われる座布団神輿に由来するそうです。
No title
祭礼に爆竹を鳴らすのは、きっと近世になってからのことだと思ってます。

ざぶとん、納得!

管理者のみに表示