TAKE & KAMA

 一週間ほど前、恵那市の外れのほうで取材があり、そのついででかなり久しぶりに武並駅に行ってみたところ、駅舎が建て替えられていて愕然。

151004-1.jpg

 うーん、しょうもない!平成20年に改築とのこと。武並には特に思い入れはないし、古いものを大切にしないJR東海のことなので、愕然というほどでもないですが…。
 それにしてもこの駅舎デザインはいかがなものか。玄関の左側が駅事務スペースなのですが、建物下部が透けて見えるようになっており、発券機の配線とか荷物とかが見えて、いささか見苦しい。これは駅舎の使い手の問題ではなく、そこまで頭が回らなかった建築デザイナーの不手際でしょう。町の玄関口をなんと心得る。
 このあと、けっこう雰囲気がよくて歩きたくなる旧下街道(中山道の脇往還)をタラタラ車で走り、瑞浪市の東端に位置する釜戸駅も見に行ってみました。

151004-2.jpg

 こちらは開通時の明治35年築の駅舎が健在で何より。どうせそのうち建て替えるんだろうけど…。

151004-3.jpg

 あと、駅前の歓迎アーチ(あまり「ようこそ」感はないけど)の協賛店ごとのカンバンが新しくなっていました。
(まさ)
スポンサーサイト

コメント

吉田 豊

No title
私には武並に思い出があります。名古屋にある高校の天文部の付添で、「光害」のない場所を求めて、部員と一緒に武並に行って「流星観測」をしました。早朝の電車で学校にもどり、授業に出ていました。名古屋の周辺で、流星観測ができる場所だったのです。

まさ

No title
たしかにこのあたりは、星の観察には最適の環境ですね。恵那市や武並地区も、そういう方向で売り出せばけっこう話題になりそうな気がします。
非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
活動拠点…西三河・知立市
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

全記事表示リンク