資源としての秘境駅0007

2015年09月22日
 半田の矢勝川で彼岸花イベントが行われる季節になりました。先日、仕事の帰りに近くを通りかかったら南吉記念館付近でプチ渋滞が発生しておりましたが、こちらは渋滞など起こりえない彼岸花名所のネタ。
 先週、カメラマンYさんと飯田へ取材に行った帰路、長野県最南端の中井侍駅に立ち寄ってみました。Yさんによると、駅の周囲に彼岸花が咲き乱れているというので。
 背後が急傾斜地の中井侍駅に彼岸花の咲く余地があったっけ?と思ったら、その急傾斜地に彼岸花がドバっと咲いていて驚いた。

150923-1.jpg

 たまたま居合わせた地元の方によると、熱心な人が球根を植えて、開花に合わせて下草刈りもしたとのこと。電車でやって来て、下車していきなり彼岸花の群生が目に飛び込んで来たら、驚くこと必至だ。

150923-2.jpg

 天竜川側の斜面にも。不思議な光景である。
 それにしても中井侍へ季節モノの旬に来るのは初めて。茶や桜がよく知られているけど最盛期に行ったことがない。二十数年も飯田線チェックをしているというのに…。
(まさ)
スポンサーサイト
伊那谷雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示