墓地ビュー

2015年09月17日
 春夏秋冬叢書の季刊誌「そう」48号連動ネタで昨日の続き。
 田口市街の好眺望スポットとして奥三河総合センターと田口小学校付近を取り上げましたが、町の南に小さい山(センターと郷土館のある山)がそびえているため、いずれからも全体を一望することはできません。
 そこで、市街地北の山の中腹にある福田寺(ふくでんじ)に登ってみました。

150916-3.jpg

 武田信玄の墓があることで有名ですね。信玄は天正元年(1573)の野田城攻めの帰途、この寺で病に伏せ、そのまま死んでしまったと伝えられています。田口では奥三河郷土館と並ぶ数少ない名所。
 ここの鐘楼堂からも町は眺められるのですが、上の写真の左の方へ行くと急傾斜地に開かれた墓地があり、そこからの眺望が素晴らしい。

150916-9.jpg

 バーンと、栄町、太田口方面を望む。

150916-5.jpg

 ドーンと、本町方面を望む。

150917-1.jpg

 でもってここからも、例によってHINOMIが!コレのアップはこちら→●□
 うーむ、なんとなくここでも田口押しへの共感が得られそうにない感触が…。ともかく、田舎では墓地がその地域で一番のビューポイントということがよくあるので、地元民ヅラで墓参のふりしてのチェックは欠かせませんネ!という話でした。
(まさ)

150916-1.jpg
スポンサーサイト
東三河雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示