カンバンの手帖ブログ版0310

2015年08月28日
 夏の北遠徘徊の途上、水窪に寄って食料品店の方と喋っていたところ、「すぐそこに昔、国鉄バスの切符売り場があったよ」と教えてくれて驚いた。

150827-1.jpg

 消火栓の箱が掛かっている建物がそれです。場所はこちら→●□
 うーん、幾度となく通っている道なのに、不覚にもちっとも気が付かなかった。 

150827-2.jpg

 剥げすぎててもはやほとんど判読不能ですが、かろうじて「国鉄」「方面」の文字だけ見えます。「食堂」の文字も見えるけど、バス停移転後に食堂になったんでしょうか(そこまで聞いてこなかった)。
 手持ちの水窪町年表によると、現在の国道152号が開通したのは昭和42年で、それ以前は商店街(小畑~大里~本町)を貫く旧道がバス通りだったということになります。

150827-3.jpg

 ちなみに、旧国鉄バス=JRバスの旧水窪町バス停の諸施設は現存。このほかの天竜本線の遺構は、西渡駅舎が健在で、瀬尻の乗務員休憩所が撤去されておりました。
(まさ)
スポンサーサイト
遠州雑 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
水窪にまで遠鉄のオムニバスが乗り入れてるとは知りませんでした。
ところで、10月に遠鉄全線で値上げするそうです。
路線の整理も進むようで。主だったものだけでも、
掛塚佐鳴台線の草崎まわり 廃止
浜名線はすべて舞阪市街地経由に
舘山寺線 中之島、新弁天乗り入れ廃止
これらの路線や廃止された遠鉄路線の画像をお持ちでしたら
アップしていただけませんでしょうか?



No title
バス停は撮っててもバスそのものは写ってないところが多いかも。実家の倉庫で探してみます。

管理者のみに表示