カンバンの手帖ブログ版0307

2015年07月22日
 梅雨の合間に、友人一家と一緒に豊田市東部の王滝渓谷にある「王滝湖園地」へレジャーに行ってきました。王滝渓谷は巴川支流の仁王川の最下流2キロ弱で、王滝湖園地は渓谷が砂防ダムで途切れたところに整備されています。ダム湖の園地、とだけ聞くと微妙な感じがしますが意外と雰囲気はよく、豊田・岡崎一帯から家族連れが押し寄せ、たいそう賑わっておりました。

150722-1.jpg

 ダム湖とは思えないせせらぎである。

150722-2.jpg

 ダム湖に架かる橋の上から眺めると、釧路湿原あたりの航空写真を思わせるネイチャーな雰囲気だ(オオゲサ)。

150722-3.jpg

 少し引いて眺めると山の感じがやはり西三河的なのだが、それでもこの草地はなかなか見ものではなかろうか。

150722-4.jpg

 橋のたもとに立てられた古い案内板を見ると、昔は湛水していたようです。どうしてこのような特異な景観に変わったのか、その過程を知りたいところ。
 ところでここ、国定公園だったのか。昔から思っていたのだが、愛知高原ってあまりに漠然としすぎで、国定公園でもっともパンチがない名称ですネ!
(まさ)
スポンサーサイト
西三河雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示