岡崎城石モノ二題

 先月末、何年かぶりかで岡崎公園内をウロウロしまして、今更ながら見つけたもの。

150519-1.jpg

 大手門のすぐ南に、けっこうでかい花時計を発見。動物園のシロクマコーナーみたいな穴の中に、角度的に見づらい花時計が設置されております。これ自体は特にどうということはないが、穴の壁面に五つ取り付けられた吐水口がなかなか味わい深い。

150519-2.jpg

 ローマの神殿的な!?

150519-4.jpg

 気に入ったのでもう一発。二枚も載せることはないか。

150519-3.jpg

 その近くには、単に「公園」とだけ大書された巨大な石碑が。裏を見たら明治12年と、公園草創期のもの。しかし、なんでまた「公」と「園」の字の大きさがこんなアンバランスなのか?
 ほかにも大小様々な石造物がけっこうあって(こんなのも→●□)、さすが石都と感心します。家康没後400年で注目を集める岡崎城を訪れる方は、石造物チェックをおすすめします。

150519-5.jpg

 オマケ。五万石藤がちょうど盛りでした。これも今更ですが、見るの初めて。
(まさ)

--------------------------
◎マルカドブックス
少し更新しました→●□
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
活動拠点…西三河・知立市
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク